Cisaraghi

ボヘミアン・ラプソディのCisaraghiのレビュー・感想・評価

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)
-
これは、「みんなの歌」「みんなの曲」としてのクイーンの音楽を作ってくれたフレディマーキュリーとその仲間たちの功績を讃えるための映画というだけで十分だと思った。ライブエイドのコンサートシーン、感動で涙してしまったのは、バンドとオーディエンスが一体となって作り出した純粋な音楽の力によるものだった気がする。誰もが共有でき、時代を越えて残る曲の数々を残してくれたフレディと仲間たちに感謝である。フレディの病気が判明したのは実際はライブエイドの後だったと映画を見た後で知ったが、それでもあのライブシーンの感動が削がれることはなかった。
 欲を言えば、英語ネイティブとしてクイーンの楽曲を共有できていたらもっとよかったのに、と残念(と英語のいい曲を聴くといつも思う)。どれもよく耳にした曲だけれど、歌詞の内容までは知らなかった。レディオガガとか、ハマー・トゥ・フォールとか。

最後の実物映像にあったように、実際の4人はもっと麗しかったし、フレディはもっとパワフルで自信に満ち笑顔が輝いていてカッコよかった。日本でのクイーンのアイドル人気を知る世代ですが、この4人じゃあそこまで人気出そうもない(笑)。特にブライアンメイ、ゴツ過ぎ!昔のブライアンメイはもっと華奢でエレガントだったからね!他のメンバーももっとdecentで、伊達にクイーンという名前じゃないんだからね?!って不満はそこですか…。

クイーンのガチファンで、それこそあのライブエイドの本物の映像など当時から飽きるほど見ている人たちは、この映画やあのライブエイドのシーンをどう受け止めているのだろうなあ?というのはちょっと気になる。

あ、あとキービジュアルのフレディがアニメチックで全体のデザインもあまりお金かけてない感じがするのと、ボヘミアンラプソディというフォントがゴシック体?みたいなの、どーしてだろう?

良くも悪くも、この映画でのクイーンの音楽は、全く映画音楽的ではなかったということは言えると思う。