はるか

ボヘミアン・ラプソディのはるかのネタバレレビュー・内容・結末

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

序盤の、フレディがバンドに加わって初めてライブをするシーンですでに少し泣いてしまった。フレディがクイーンに戻る所らへんから堪えきれずウェンブリーではボロ泣きした。俳優さんが皆そっくりで、ギターの人、弾き方や姿勢や運指ピッキングまで本人に似せていて凄い。伝記映画だから、ストーリーはどこかにありそうな感じで、逆にフィクションの方がいくらでもドラマティックに出来るわけで、その点も含めてリアリティがあり入り込めた。演出も演技も素晴らしかった。