けい

ボヘミアン・ラプソディのけいのレビュー・感想・評価

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)
4.4
Queenに対しては、ただちょっと異端なロックという認識を長らくしていた。背景知識が全くなかったから。

全てが史実通りではないようだけど、フレディの孤独や苦悩を通し、最後にはファミリーの重要性に気づいていく過程。そして、その鬱屈したものを抱えてパフォーマンスをするフレディに感銘を受けた。

人によって受け取り方は違うだろうけど、強く心を動かされた作品になった。

しかし、、、あのフレディの孤独感は強烈すぎてつらたん。感情移入するタイプの映画じゃないのにフレディに無理やり感情もってかれた。窓際でライトカチカチやるシーンが切なかった(これは異端な感想