エクストリームマン

ボヘミアン・ラプソディのエクストリームマンのレビュー・感想・評価

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)
3.4
It goes on forever, six bloody minutes!

映画館で、大音量でいい音で曲を聴くのは楽しい。

周到に切り貼りしたリニアな物語は、生存するメンバーのコントロールが強烈に効いているという意味で極めて『ストレイト・アウタ・コンプトン』的だと言えそう。

ルーシー・ボーイントン(『シング・ストリート 未来へのうた』のラフィーナ)の違った一面が見られてよかった。