Qちゃん

ボヘミアン・ラプソディのQちゃんのレビュー・感想・評価

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)
4.3
わたしはQueenの曲もメジャーどころ7曲程度しか知らないし、グループ自体については何も知らない人。

Bohemian rhapsody
Fat bottomed girls
Don’t stop me now
We will rock you
We are the champions
The show must go on
I was born to love you

だが、ラミマレックの似過ぎのパフォーマンスに仰天した。

ライブエイドのフルパフォーマンス、力強すぎて感動した!コピーでこれだから本映像見たら泣くかも。噂の完コピ具合を確認したく、本物の方も見るかも。

どこまで事実か知らんけど、ビーチ氏、バンド仲間、そしてメアリーの懐の深さにも感動。

事前知識として、少なくともNHKでやってた「ボヘミアンラプソディー殺人事件」という名のドキュメンタリーは観といて良かった。

ボヘミアンラプソディーの中で起こってる殺人、誰が誰を殺したか。無意味にも聞こえる歌詞に込められた意味を、フレディの生い立ちや心境から紐解くドキュメンタリー。

はじめ「バンドに所属すらしない時から、どこから湧いてくるのその自信、すげーな」と呆れつつ感心してたが、そうじゃないんだよね。

イギリスをはじめ多くの国で差別されがちな移民であり、ゾロアスター教徒であり、ゲイ。全てにおいて、自分を強くもって図々しいくらい強く図太くならないと、生きていけないに違いない。

一緒に観てた旦那が「いろんな曲やってた中で、なんで映画のタイトルはボヘミアンラプソディー?」って言ってたけど、
Queenの代表曲、かつあまりにも特徴的すぎる曲というだけでなく、
幅広い曲域とパフォーマンスを生み出し続けた自由人的な芸術家(ボヘミアン)であるフレディの、はちゃめちゃな爆走人生の狂詩曲(ラプソディー)を描いた本作には、まさにピッタリのタイトルに思えた。

オープニングの20世紀フォックスファンファーレがギターになってるの、ブライアンご本人が弾いたとのこと!胸熱っ!