ツーモ25

ボヘミアン・ラプソディのツーモ25のレビュー・感想・評価

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)
4.5
試写会で、友達の横で号泣。
2回目の鑑賞も、号泣。

映画館で観てほしい、いや、もはや観ないといけない映画。
あの大きい画面で、最高の音響で見ることの良さを、改めて教えてくれた。
OPの”Somebody to Love”、小さいクラブでの”Keep Yourself Alive”、ライブの”Fat Bottomed Girl”、”We Will Rock You”、あぁ、キリがない! どの曲も、ど迫力で、胸に突き刺さり、数え切れない回数鳥肌が立った。ここまで興奮したのは、人生でも滅多になかった。

何と言っても、ライブ・エイドのシーンは、反則だ。
クイーンの魂のライブを、泣かないでみるのは、自分には無理だった。

クイーンは、幼い頃から親が車でよく聴いていたので、知ってる曲はたくさんあった。
けれども、クイーンの進んできた道は知らなかった。
そんな状況での、この映画を鑑賞。
所々フィクションらしいけど、そんなことはもう気にしなくていい。
才能に溢れた4人の物語、友情には、胸熱くなり、感動し、そしてフレディがこの世にもういない悲しさを感じた。

自分を貫いて、生き抜く。彼は成し遂げた。


映画に関わった全ての人に感謝。

一度でも、4人のパフォーマンスを、生で見たかった…