J四郎

ボヘミアン・ラプソディのJ四郎のレビュー・感想・評価

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)
4.3
昨年、大ヒットしていたフレディ・マーキュリーの伝記映画。
あまりに流行ってるので、性格の歪んでいる俺は敬遠し、ほとぼりが冷めてから観るかな~と今頃鑑賞。

伝記ものとしてはよくあるパターンだけど、丁寧に作られているのが分かり実に良い。この手の映画の主人公は大成功はするものの、成功すればするほど孤独になっていく。今作のフレディもやはりそうなんだが、彼はゲイという属性があるため苦悩はより複雑ですね。雨の中のメアリーとのシーンがホンマに切ない。

主演はラミ・マレックでナイトミュージアムシリーズやゲームのアンティルドーンで知っているが、一度見たら忘れない個性的な顔立ちをしております。この人がやはり素晴らしい。次の007にも出るらしいし、更に活躍が期待されますね。

ストーリーは結構淡々と進んでいくが、クイーンの楽曲が劇中の要所要所で流れ盛り上げてくれる。このバンドを知らなくても彼らの曲はどのメディアでもよく流れているんで聴けば「ああ、コレってクイーンだったのか!?」と分かる人も多いはず。特にラストのライブエイドは鳥肌モンです。そいやジョジョ第四部の吉良吉影のスタンドや能力の名前はこのクイーンの楽曲。

僕自身、特にファンという訳ではないが一時期クイーンをよく聴いていた頃があった。特にある曲は勝負ごとがある度に聴いてファイティング魂を震い立たせていた。え?どの曲かって?それがこのライブエイドのラストに流れるんですよ!もうそこだけで加点している部分もあります。

これを観て思ったけど、こういう伝記モンはどこまで真実か分からない部分がある。特に評論家どもは重箱の隅をつついてディスるが、映画は映画で楽しめばええやん?と最近感じます。個人的にはね。