ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価

上映館(3館)

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

yuki2580

yuki2580の感想・評価

4.8
「伝説のバンドが映画史に名を刻む」

こんなに人の心を動かす熱い映画があっただろうか

世界で最も売れたアーティストの1つである伝説のバンド「Queen」いかにして彼らは伝説のバンドへとのし上がっていったのか、栄光の裏に隠された真実とストーリーがこの映画で明らかになる。

若くして命を落としたボーカルのフレディ・マーキュリー、彼の心やバンドメンバーそして心との葛藤。Queenは成功した、そんな明るい側面しか普段取り上げられることはないがこの映画を観ることで彼らに対するイメージ、そして音楽さえも変わって聞こえてくるはずである。

正直Queenの世代ではないし、有名な曲を数曲知ってる程度。そんなことは関係ない。彼らの音楽に対する熱い情熱、思い、そして葛藤の中から紡ぎ出された「音楽」という形。彼らの一部しかしらなかった自分が、映画が終わった後にはQueenの虜となっていた。最後のラスト約30分、感動と涙は忘れることができない

この興奮と感動は言葉で伝えきれるものではないが、絶対に劇場でみてほしい!
開始のFOXのBGMからエンドロールまで、リズムを刻み歌いたくなってしまう、そして彼らの音楽をリピートしたくなること間違いない。

だれもが一度は聞いたことのある、そして世代を超えていまでも愛される伝説のバンド「Queen」
彼らが劇場で興奮と感動を世界に再び与える!

IMAX US CA 11/3, 2018
矢野

矢野の感想・評価

5.0
見終わった頃には自分でも驚くほどクイーンにハマっていた

フレディの半生を見た後の最後のライブシーン
sacho

sachoの感想・評価

4.1
泣いた
今回は爆音上映で2回目の鑑賞。
やっぱり面白い!

ロックバンド クイーンの結成から、ウェンブリースタジアムで行われたライヴエイドまでの10数年間を描く。

主人公は今は亡きボーカル、フレディ・マーキュリー。
彼が成功し栄光を掴むサクセスストーリーなのはもちろんだが、成功したがゆえに孤独になっていく姿も描かれる。

さらに、彼が出自や歯にコンプレックスを持ち、自らがセクシュアルマイノリティであることに悩む1人の青年としての側面にもスポットが当たる。
フレディのパーソナルな部分を丹念に見せることで、終盤がより劇的になっていく。

最後のライヴエイドのステージは圧巻。
フレディの一挙手一投足に観客が魅了される様には感動を覚える。
当時のフレディの動きを完全再現しているのだが、フレディ役であるラミ・マレックのトレースぶりが凄まじい。

多少の脚色があるとはいえ、とてもドラマティックな映画に仕上がっている。
観た後は、クイーンの楽曲を聴きたくなる。

ベースのジョン・ディーコン役が「ジュラシックパーク」のティムをやっていた役者さんだと知った時はたまげたなあ。
daisy

daisyの感想・評価

3.9
面白いけど、一回でいいかな
GIN

GINの感想・評価

3.7
Queenに思い入れがあればもっと面白かったと思うが入門編として観るなら最高のものだと思う
ナイト

ナイトの感想・評価

4.1
半生を描いた映画を観るといつも思うが、もっともっと、その人のことを知ってから観れば良かったなと。

知らないなら知らないで見える景色もあるのだが。

冒頭のシーンを後々持ってくる映画の魅せ方が個人的には好き。冒頭のシーンを観た時は単純におー!っと思うが、映画を通して改めて、そのシーンが出てくると、バントメンバーとの楽しい日々や苦悩、挫折があって、ここにたどり着いたんだと、ありきたりな感想だが、感じさせてくれる。

最後の20分は心踊ったというか、魂に響いてきた映画でした。
mommo

mommoの感想・評価

3.8
2019/12/06
映画館で観なかったの罪深いなぁ
おひし

おひしの感想・評価

4.7
映画館で見たかった〜🥺
応援上映で見たかった〜🥺
家で1人で観るのはそれはそれでありかな🥺(気にせず歌ってしまった🥺)

バンドは家族ってすごいよね
そういう仲間がいることって大切よね
大人になったらそういう人減っちゃうよねって
だから今仲良くしてる人たちは大事にしようと思いました🥺🥺

最後のライブは素敵すぎた🥺✨
ラストシーンは感動して涙、涙でした。
ラストまでの演出が素晴らしすぎる。
>|