ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価

上映館(348館)

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

Queenのファンじゃなかったけど、この映画はファンじゃなくても、見応えあります。素晴らしいです。
Soh

Sohの感想・評価

2.6
ボーカルが調子乗るけど色々あって仲直りしましたというありきたりなお話。クイーンのことを別に詳しかったわけではないが、特別面白いとは感じなかった。
Mayumi

Mayumiの感想・評価

4.5
QUEENのこと知らなかったけどこの映画をきっかけによく聞くようになった!
天才は孤独だなぁとおもった!
きき

ききの感想・評価

4.0
クイーン初級編。
自分が孤独だと思い込みたいだけで、必要としてくれるひとはいつも側におってくれているのだな。
機内にて✈︎
映画館で観たかった作品。
MIZROCK

MIZROCKの感想・評価

4.5
散々友人から勧められ続けた映画。

周りの人も、ほとんど見にいってる。

フォローワーさん達もほとんど見に行かれてるしw


「お前はボーカリストやのにこの映画を見ないなんて、ありえない。」


そう言われ…
公開も終わりそうだったので劇場へ。。


結果…


感動に包まれ、涙デロンデロンで劇場を出てきました。

一応ボーカリストの僕、全国ツアーして、沢山の方の前で歌を歌わせてもらってますが、よくよく考えたら、初めて200人くらいの前で歌ったのは高校の時の学園祭。

何を隠そう「We will rock you」だったことを思い出した。

ツアーバンに乗ってツアーをしたり、あれだこれだとレコーディングで煮詰まったり、曲作りでメンバー同士イヤーな空気になったり、ライブを重ねてバンドが成長したり、いろんなドラマも多少なりとも自分の経験とクロスオーバーする部分も沢山あり、あっという間に映画が終わった。


久々に強烈な刺激を得た。

毎日がQUEEN浸けw

この映画はなんだかとてつもない魅力がある…多少の時間軸の違いはあるが、映画構成としては盛り上がる。

やられた。
クイーンを好きになったきっかけだし、ドキッとした映画。三回見たしね!クイーン好きにはたまらない。IMAXで見るのがおすすめ!
フレディは、実に神がかってて、実に人間らしい。
Pei

Peiの感想・評価

2.0
マイノリティが今より理解されていない時代、前衛的な音楽が受け入れられない時代になぜフレディがあんなにも世界的に認められる存在になったのか、すごく面白いテーマだと思います。
ところがドキュメンタリーとしては断片的すぎるし、フレディのドラマを描くにはテンポが良すぎるし、、ライブ映像がメイン見たいな構成だし(いやもう過去のライブ映像を別の媒体で見ればいいじゃんそれ…)
表現したいことが多すぎてテーマが中途半端な気がしました。
Queenの生い立ちをざっくり理解できる映画といった印象です。あの時のQueenをもう一度擬似的に見たい、という方にはいいんじゃないでしょうか。
さとこ

さとこの感想・評価

4.0
クイーンをあまり知らなくても曲と一緒にストーリーを楽しめました。
フレディマーキュリーが映像に憑依してましたね!
>|