ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価

上映館(4館)

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

Sakura

Sakuraの感想・評価

4.8
UKロック好きの母と一緒にIMAXで🎸🎼
ギターアレンジされた20century foxのテーマからぞくぞく。
有名な曲と胸毛の人ってことしか知らなかったのに。QUEENの虜になってしまった。なんとなく口ずさめる歌詞も 意味を知るとすっごくいい曲ばかり。

フレディの生き方、曲が出来るまでの過程を知ってから あの大勢の観客が待っているステージの幕を開ける瞬間 ゾクゾクが止まらなくて。 涙が止まらなくて。 こんな泣き方するの本当に久しぶりで自分でもびっくりしました。 製作者や俳優さんもすごい。Live Aidの実際のQUEENのlive見た人絶対多いだろうな。笑 そのまま再現されていてもう1回鳥肌たった。I decide who I amっていうセリフが とても好きだった

当時が青春時代だった人達が羨ましい。
昭和に生まれたかったな (笑)
体感型アトラクション的な高揚感なので大画面で大音量で大人数で観る事の良さなんだろうなとは思う。猫がピアノ弾いて「ピアノ売ってちょうだ〜い♫」みたいになるシーンは笑った。
曲を聞くだけでなぜか感動する不思議な映画でした。素晴らしい証拠です。
もう一度見たくなりますよ。
ike

ikeの感想・評価

-
幼い頃親が聴いていたQueenを
映画で、曲作りの背景を見るといろんな感情になりますね。

ライブエイドは圧倒されますね。
DVD買いたくなる気持ちはよく分かる!
Dao

Daoの感想・評価

3.0
生前をほとんど知らなかったけど、フレディに見えてくる不思議。バンドメンバーは容姿がそっくりすぎる。
クイーン知識なしで行った。とてもよかった。
地獄にくちづけ誕生秘話再現シーンの時のベースがめちゃめちゃかっこよくて、あのシーンでジョン・ディーコンの名前をばっちり覚えました。

地獄にくちづけが収録された時あたりのクイーン(というかジョン・ディーコン)は、マイケル・ジャクソンが演るようなブラックミュージックの方面に傾倒していたらしく、映画鑑賞後にディーコン主導のクイーン曲を聴き漁るきっかけにもなった。いい出会いをありがとう。

ところでクイーン知識ゼロだったので、ジョジョ4部の吉良吉影まわりのネタがだいたいこのクイーンから来ていることにこの当時やっと気づきました。ジョジョのプリンスネタはしっかりみつけられていたのに……本当にクイーン周りを追加してこなかったんだな……。
KaitoShiba

KaitoShibaの感想・評価

4.5
映画館でみて正解だった。
コンサートでの迫力は桁違い、ストーリーもしっかりしてて満足。
クイーンが流行るわけだ
真以子

真以子の感想・評価

3.1
ドイツから帰国する時の飛行機で見たけど劇場で見たかった。良いものは世代を超えて引き継がれていくんだなあ、カルチャー万歳!
クイーンのファンではなかったけど2回見に行った。

ちょうどCDJ行った後で、キュウソが一番広いステージをお客さんいっぱいにして、セイヤさんもヨコタさんも歌いながら泣いてて一緒に感動したのと重なってもう
後半のライブのシーンでは涙が止まらんくて一人で鼻水すすりまくってた。
Tdragon

Tdragonの感想・評価

5.0
歌っちゃった^^; 自身歴代1位となりました。
>|