ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価・動画配信

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

mocamovies

mocamoviesの感想・評価

5.0
Queenのフレディ・マーキュリーの一生の物語。
私は昔のバンドQueenのことを知らなかったが、予告を見て知りました。
聞いたことのある曲は、有名である。
We are the Champion♪
We will rock you♪等
正しく感動しました!😭
まるで、生中継でライブをやっているかのような感じです!
迫力があって、ライブの実体験をさせられているような。
自分は、1970、80年代の世界にいて、Queenのバンドを見に来ている感覚だった。
凄く鳥肌立った。
ラストシーンは泣いた😭
エンディングの「don't stop me now」はライブエイドにはなかったが、エンディングの曲流し始める頃から(泣)状態
その曲を聞いた私は乗ったり、口パクで歌っていました!←観に行く前にカラオケで予習
Queenを演じている役者さんは、本人そのものです!本物のQueenかと思うぐらいの素晴らしい演じ方は神レベル!!!!!
フレディマーキュリーのマイクの振り方も本物のかと思わせるぐらい。
一瞬、フレディマーキュリーを演じている元で、フレディマーキュリー(本物)に憑いているかと思わせるぐらい演じ方だった。
この感想を書くのに、かなり長文になるので、あらすじ、ネタバレは省略します。
詳しいことは、映画館で!
Queenの曲は、ほとんどフレディマーキュリーの一生を描いたストーリーだと思います。
勇気、愛情、友情、葛藤と言った表現さを曲に表しています。
フレディマーキュリーだけじゃなく、Queenのバンドやほかのバンドや一般の人を勇気づけます。
そして、友情を繋がっていく。
フレディ「バンドは家族の一員だ」
私は一番印象に残った曲は3曲あります。
We will rock you♪では、
リズムを合わして、一般の人に参加をしてもらうこと。
元気が出る曲です。
We are the Champion♪は、
チャリティー活動で、フレディマーキュリーの最期の舞台で歌った曲は、泣きました。
エイズで闘病のため、最後まで歌いきって、最後までに見送ることが出来た。
(´Д⊂ヽ
エイズに追われたフレディマーキュリーが、チャリティー活動を参加するようにQueenのバンドに戻ることにした。
Queenは破滅状態だった。
フレディは何とかQueenに和解させて、バンドから勇気を励ませてくれた。
We are the Championという曲は、仲間から励まされ、自分自身は諦めずに向き合うという意味。
cmに流しているぐらい結構有名No.1な曲です!
そしてbohemian rhapsody♪は、
この映画のタイトルの通り、フレディマーキュリーの自分自身の思いを一般の人に伝えたい気持ちを表している。
6分って、結構長い曲Σ(゚ロ゚;)
この映画の話を成り立っているのが、Bohemian rhapsodyだと思う。
フレディ自身を想いで作曲した曲である。
その曲を作るのに、かなり苦労をしたと思います。
この映画で、練習シーンが含まれています。
bohemian rhapsody の曲の中盤で、オペラ要素が含まれています。
ガリレオ~(甲高く)を繰り返し歌っているところが面白かったです。
そこのところが笑いこけるぐらい爆笑しました。🤣
ロジャー「何回歌わせるんだよ!!www」
ロジャーは、ドラムの叩き方が素晴らしかった。
bohemian rhapsody
序盤
フレディマーキュリーが、バイセクシャルのため、彼女に振られた。仲間との引き裂かれ、自分はエイズなので、孤独な状態なので、どうしたらいいのかがわからない状況。コーラスのところから始まる。
中盤
自分が同性愛なので、バイセクシャリーだからどうしようもない。エイズにかかっても治療法がないので、神にお願いでもしよう。
(そこで、意味不明な詞が出てくる。
オペラ要素あり)
ここのところが盛り上がって来る。
終盤
どうしようもできないので仲間共にさようならを言うしか出来ない状況。
フレディ・マーキュリーの死後、bohemian rhapsodyの曲を大ヒットしました。
彼自身の物語なので、バンドの生きがいだけではなく、彼の孤独感や人生を描いたものだと実感しました。
Queenのことを今の世代の皆に分かり合えたらいいなと思います。
あとは『ゴールデングローブ賞』受賞おめでとうございます😭✨
あれはとっても大傑作でした。
この映画の大満足さを十分得られます!
こういう系はアカデミー賞受賞しとけば良かったのにと思います。
私からすると、アカデミー賞受賞するほど素晴らしい映画だと思います。
2回目では、応援上映に見に行きました!
拍手、手拍子、歌詞表示で歌を歌いました!
最高でした!!!!
やっぱりライブエイドは盛り上がりますね!!!
そのお陰で色んな洋楽を知りました!
Queen最高!!!!
NEW太郎

NEW太郎の感想・評価

4.3
無料配信が15日までとのことで久しぶりに見た

テンポ良く進むストーリー
惜しみ無く垂れ流されるQueen
フレディの人生ゲームやってる感じだよね

あれこれ考察とかする映画もいいけど、
爆音パワープレイで圧倒してくる映画はなんも言えないけどスゲェ

最後の父ちゃんと和解するシーンからラストまでの涙腺崩壊ゾーンが最&高
ホッソ

ホッソの感想・評価

4.1
クイーン全然知らなかったんですが、おおこの曲がこんな風に生まれたのか!ってメイキングみたいで面白かったですね。曲知ってたらもっと面白かったんだろうなぁ。。
ただ、シナリオはありきたりで特筆するとこ正直あんまないんですが、構成と演出はマジで良かったですね。色々あったところを最後に大きいライブで締めくくるとことか王道だけどグッときましたね。こういうのでいいんだよこういうので。
特によかったのはラストのライブシーン。ラミ・マレック演じるフレディ・マーキュリーは魂宿ってるレベルの演技でしたね。
サイコ

サイコの感想・評価

2.5
音楽に興味ナシ。
QUEENなんて名前聞いた事あるくらい。
評価メチャクチャ高いのも知ってる。
流行りモンに乗っかる感じで観てみた。

結果。
なんかよく分からんけど、感動した「気がした」。
アメリカ人がQUEEN好きってことだけは、最後のチャリティライブのすごい迫力で、よ〜く理解できた。
mayu

mayuの感想・評価

4.3
最後のライブ・エイドのシーンが圧巻すぎて…曲全然知らなかったのに感動して涙が出た🥲
このライブ行けた人は一生の思い出だよね、俳優さんたちのパフォーマンスも再現度高くてすごい。

色んな苦悩を抱えながらも生き抜いたフレディがかっこよかった。ちょっと途中迷走してたけどそれも人間らしくていいと思う。苦悩があったからこそ心に響く歌詞やライブができたのかな。
この時代に生きたかったーー!!
まゆ

まゆの感想・評価

3.0
抽象的で、中途半端
unflyable

unflyableの感想・評価

2.0
┌(┌^o^)┐ホモォ...
有名なロックバンド「Queen」の活動を描いた映画。
経緯自体はかなりざっくりでどちらかというとミュージックビデオという感じ。私自身Queenに思い入れもなく歴史も知らなかったので、抽象的な描き方でトントン拍子で成功したようなことはなんとなく分かったが、何をいいたいのかよくわからなかった。
中盤以降はかったるくて疲れた。
>|

似ている作品