ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価

上映館(8館)

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

daiki

daikiの感想・評価

3.8
やっとこさ観れましたよ!!

クイーンのことはあまり知らなかったが、はい!名作!!泣くまではいかなかったですが、最後の20分は圧巻ですね。鳥肌もの。帰ってLIVE AIDの動画を見直して、映画での仕草は本ライブをリアルに再現したんだなと実感。

個人的にはアナーザーワンパイツァダストがお気に入り。JOJO好きにはたまらない名前ですね。この曲をアレクサに流してくれいと頼んだところ、アナーザーワンオッパイダストという曲はありませんと言われましたよ。w
あとはレディオガガ。耳に残る。

フレディマーキュリーというレジェンド。早逝したのが残念すぎる。
ぽよ

ぽよの感想・評価

3.1
病気の診断を受けた時。
応援上映で2回観ました。
1発目は泣きました。
3年ぶりに泣きました。
史実との乖離がある場面も含め、
バンド映画として素晴らしい作品です。

バイかもしれない。からの
被せ気味のゲイよにはロックンロールを
感じました。
toshi

toshiの感想・評価

4.7
一人でBD鑑賞。

間違いなく歴史に残る映画でしょう。
ここまでクィーンをリスペクトし、
コピーし、盛り上げた映画は
今後出てこないでしょう。

私は別にクィーンの大ファンでもなく、
曲を多少知ってる程度。

世代も若干ずれてるし、
「まぁ映画館で観なくても」
ぐらいな気持ち。

見終わって、後悔。
こりゃ映画館でなぜ見なかったと。

クィーンを知らない人にぜひ見てもらいたいし、
クィーンを知ってる人は100回は見る映画
そんな映画です。

ストーリーは実話なのか?って思うことがあるし、
多少盛ってかもしれないけど、もういいや、良い映画だし。〇

フレディってそんな人生だったんだ、と感激。〇

気が付いたらリズムに合わせて体が動いてました。〇



最後の〇〇〇・〇〇〇のシーンですが、
すでに映画を見た人は、Youtubeで
実際の映像との比較(縦に2つ並んでるやつ)
を見るとさらに鳥肌が立ちますよ。
SAYA

SAYAの感想・評価

1.5
テンポが早すぎてイマイチ、、、あのライブまでストーリーをもっていくために無理矢理詰め込んでしまった感が、、、
この映画のラストが良いと言うなら本人たちのライブDVD見れば良いのでは?と思ってしまう
主人公役のラミ・マレックはThe pacificの頃から好きだったけどなぁ
まお

まおの感想・評価

3.5
音楽は様々なライフシーンを豊かにしてくれるねえ。ありがてえ。
こう

こうの感想・評価

3.8
映画が良いというよりかは単純にQueenに熱をあげる感じ。
サントラはそのままベストアルバムになりそうなくらいメジャーな曲ばかりだったな。
ラミマレックには完全にフレディマーキュリーが降りてきていたし主演男優賞も頷ける。

これ観ると、ビートルズの「EIGHT DAYS A WEEK」はNetflixとかでは最後のシェイスタジアムのライブ映像は観ることができないから本当にもったいないなぁと思う。

あと全然関係ないけど、木村カエラはクイーンとかキンクスをカバーしてたあの頃が一番好きだったなぁ。笑
画面の切り取り方から始まり、役者の表情や仕草、音響、ライティング……どこを取っても素晴らしい映像が最初から最後まで続く。
よくわからないカメラワークとかよくわからないカットがなくてめちゃくちゃストレスフリー!!!サイコー!!!!


ストーリーはQueenのこれまでを描いていて、ぶっちゃけそんな話はwikiにも書いてあるわ!!って具合なのだが、どうにも後半は涙が止まらなかった。映像と音楽のパワーが強すぎる。
ライブシーンの度に脳に直接叩き込まれるような快感がじんわりと足先まで広がって行く。他に経験し得ない幸福感をもたらす。

どうかデカイテレビでめちゃくちゃいいスピーカーで爆音で見てほしい。
ひたすら楽しめる。大好きな人にはたまらんやろな。
>|