ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

いつ

いつの感想・評価

4.6
これもう映画じゃなくてライブ映像。
部屋を暗くして、音響にこだわって、
大きいテレビ画面で観てね。
lam

lamの感想・評価

3.8
当時のライブエイドにタイムスリップしたようだった。あの感じは人生で初めてだったなぁ。
すごく興奮した。
満足感が得られる。
この作品は映画館で観たい。
観れるうちにたくさん観ておきたいな。
Van

Vanの感想・評価

4.2
上映後すぐに見たため、内容を知らずに鑑賞!全然ポップじゃなくて、驚いたけど、これくらい暗い方が現実味あっていい!
テロ靴

テロ靴の感想・評価

3.0
印象:モノマネゲイ映画
親と観てて気まずかった
ライブエイドのシーンは圧巻
ドラムイケメンすぎるし、主人公の俳優さんMr. Robotoの時と全然違くてすごかった。
愛と家族の物語だった
Yuri

Yuriの感想・評価

4.6
クイーンの結成からどのような足跡を辿ってきたのか、どんな葛藤があったのか、とても美しく描かれてる。ミュージカル系の映画は個人的に好きではないが、この映画はクイーンの代表曲を上手に組み込んでそれが効果的に映画に味を出してる。
個人的に1番グッときたのは、フレディがメアリーにソファーの上で日本公演で観客がlove of my lifeを歌ったDVDを見てるシーン。"言葉が通じているか終始不安だった、でも見て"って嬉しそうに言っててる姿がとても印象的だった。
フレディのカリスマ性、クイーンの魅力に完全に心を掴まれた。フレディは胸に響く歌声をしているけど、曲に関していうと解釈が自由だなと。時代がついてくるこない関係なく彼らは自分たちのやりたい音楽をやっていて、時代を超えてドキドキを与えたり現実に向き合う力をくれたり、伝説のバンドだなって感じた。
主人公の孤独を繊細に描いていた。スターというより1人の人間を見た感覚。
つむぎ

つむぎの感想・評価

4.1
高まる。
>|

似ている作品