ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価・動画配信

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

イド

イドの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

途中までは傲慢で天才なゲイが悪いゲイに唆されてる話で全然気持ちが乗らなかったけど後半30分は迫力に圧倒された。
美人が全然活躍しない映画。
クイーンあんまり知らないくせに
クイーン大好き!!!って言っちゃう

始めから終わりまで
クイーン盛り沢山!

体動いちゃうし
観た後はライブの帰りと同じ気分!

走り出したくなる!
kei

keiの感想・評価

4.8
※過去鑑賞記録

開始早々20世紀foxのロゴタイトルファンファーレが流れるけどこれがQueen verってのが何よりも鳥肌もんなんです

後は言うまでもなく最高だから書くことなし!
ひくん

ひくんの感想・評価

4.2
 映画×音楽は実は相性がいいという方程式を再確認した。
 音楽を人生に捧げる人は少なくはないが、その姿で多くの人を魅力できる者は全人類でそう多くはないはずである。そんな人生に、映画を通して少し触れることができるのはとても刺激的で新鮮で、おもしろい。
ラダ

ラダの感想・評価

4.0
人並み以上には音楽が好きなのですが、Queenは僕の音楽歴に入っておらず、故に一般知識しか持ち合わせてません。フレディ・マーキュリーと言えば、口髭生やして胸毛出してて、声高くて歌上手くて、ゲイでAIDSで死んだ人って感じ。ウィーウィーウィーウィーロッキュウって感じ。

というわけで、見るつもりは毛頭なかったのですが、周囲の映画好きの評価がやたらと高いこと。そして、フォーラムのポイントが貯まって無料で一本観れること。これらを理由に観てきました「ボヘミアン・ラプソディ」。

商業映画、という目線ではまあ及第点と言ったところ。ただし、Queenというバンド、フレディ・マーキュリーという人間を描くことで、彼らが奏でてきた音にもう一度耳を傾かせる仕掛けとしては一級品と言ったところでしょうか。

そっくりさんに近いキャスティングは、次第に彼らを本物のQueenに仕立てていきます。そして、まるでドキュメンタリーであるかのように、乱痴気騒ぎのストーリーが進むのです。

細かい設定は事実ではなく、より映画的になるよう改変されているそう。なので、Queenファン度が濃くなれば濃くなるほど、許容できない件が増えるのかもしれません。彼らをほとんど知らない僕のような人間にとっては、ナンボでも脚色してくれたまえ。と言ったところなんですが。

Queenを知らなくても、音楽が好きな人。とりわけ、フレディと同じ時間を過ごしたアーティストを好む方は、なるべく観たほうがイイと思います。この映画の85%は、ラスト20分のための壮大な前振り。この20分で髄が震えない音楽ファンはいないのではないでしょうか。

映画を観終わったら、LIVE AIDの動画を観ましょう。

音楽好きでよかったなーと、染み染み思う素晴らしい作品。あなたは足踏みせずに映画を観られるか?
aotan

aotanの感想・評価

5.0
とにかく音楽がいい内容も面白い(正直あまり覚えてない笑)ミュージカルってほんと最高よね
ロサンゼルス 行きの飛行機の中、、
映画館で見たほうがいい!
Ingrid

Ingridの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

これをきっかけにほんと音楽伝記物ふえましたね。これも当時何回か観にいって、4DXでもみました(そんなに動くとこなかったのになんでやったんだろうw)。ガリレオって誰のとこだいすきですw あとパパママね、いい家族だった🥹彼の最後はあれだし、つらいこともたくさんあったけど、いいパートナーに巡り合えてよかったね(^-^)
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品