ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価

上映館(4館)

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

さいっこうです。
キャストがほぼ本人達です。
かなこ

かなこの感想・評価

4.0
ピアノ前奏から鳥肌たった。何回も観たくなる。
OLN

OLNの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

We will rock youが何故ライブエイドのセットリストから外されたのか腑に落ちない。

フレディの遅刻癖が爆発しているときに、大きい会場でファンと一緒に演奏できたら気持ちいい!
と言って作った曲で、ライブエイドのシーン直前にメンバーの遅刻返しや、映画上では最大キャパのライブ会場、実際のライブエイドではやった曲なのに何故かやらない。
2時間以上この映画を観ているんだから、2分半の曲が追加されても誰も文句は言わないはず。

このシーン以外は概ね満足していただけに、映画的にどうなの?と思う程の据え膳食わないスタイルに拍子抜けした。
それ以外は面白い映画だった。
2時間分のMV
クイーン好きな人が見たら面白いと思う
クイーン知らないけどテンション上がった!
胸高まった
最高傑作
ぴろ

ぴろの感想・評価

4.0
ブライアン・メイはいい奴✨

お前らの曲じゃドライブでノレないってどなってたおじさんがウェイン・ザ・ワールドで散々ボヘミアンラプソディーで縦ノリしてたマイクマイヤーズなのが1番エモい。

もっと聴きたい曲もあったねー!
kazuki

kazukiの感想・評価

3.8
クイーンのビジュアルが結構苦手なんだけど、この映画はライブにいるような感覚で楽しめた。あと猫かわいい、、
“Bohemian Rhapsody”のピアノが1曲目で始まったとき、鳥肌がたった。
クイーンの歌はクイーンだけでは作ることができない。
聴き手のもとに届いて初めて、クイーンの歌として輝く。
それを徹底して曲を提示してきた彼らは、クリエイター鏡であると本当に思う。
“Bohemian Rhapsody”をリード曲にした理由。
“We Will Rock You”のあの足踏みと拍手が生まれた理由。
“Another One Bites the Dust”を時代に合わせて、ディスコ調にした理由。
すべて「聴き手のため」だ。

フレディは特に、「聴き手のため」にパフォーマンスをしなくてはいけなかったのだと思う。
簡単に言うと、彼は孤独であったからだ。
作品のなかにも度々出てきた「家族」という言葉。
楽曲をつくるパートナーが「家族」であった彼。
聴き手に届いてこそであるということは、聴き手も楽曲をつくるパートナーということだ。
つまり聴き手もフレディにとっては「家族」。
孤独に打ち勝つために、きっとそうするしか無かった。
そのために、彼は声が枯れたって、全力でパフォーマンスをする。
聴き手のためであり、自分のためでもあるからだと思った。

すばらしいエンターテインメントでした!
>|