ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価

上映館(4館)

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

のぶ

のぶの感想・評価

5.0
なんでゲイってわかった後に、メアリーのことを想ったり、指輪は外さないでって言ったり、それで一喜一憂してなんでなんやろうって考えてて、

そこに自分の体験を当てはめて考えたら、
やっぱりまだ恋慕の気持ちがあったんやなって思う。

ゲイやけど、メアリーのことは恋愛的に好き。100%ゲイじゃないという結論。


とにかく、フレディの個性、オリジナリティがあそこまでの成功や熱狂を獲得した。それを観て、自分ももっともっと殻を破って突っ切りたいと思った。


再鑑賞

フレディのパフォーマンス力を知ることができた2回目の鑑賞。
人を魅了できる、熱狂させられる、楽しませられる、フレディのパフォーマー性。

まさにカリスマ。

それを自分も身につけたい。
Ko5hiro

Ko5hiroの感想・評価

3.8
I decide who i am.
曲が好きなので感動しないわけがなかった。素晴らしい映画。
ヨネ

ヨネの感想・評価

4.0
私はQueen世代でもなければ
この映画を見るまでほとんどQueenっていうバンドがどれほどにすごい人達だったのかを知らなかった。

名曲の秘話なども知れて良かったと思うし

私もは別のポイントで言うと
セクシュアルな部分で
当時と現在で大きく変わった部分が
あるなと比べてみていました。
べりす

べりすの感想・評価

4.0
泣いたー😭沸いたー💕
やっぱりライブ映像ってだけでもなんか感動してしまう人間だから。

レビューにはならないレビューになります。


アメリカでの成功ってめちゃデカイねー!!
最後の最後にまた文章とかでその後の軌跡が出てくるので最後まで泣いちゃったな。

でも、あんまやばいくらい悪い人がいない映画だった。

すごい似せててびっくり。
夢の先ってなかなか見れる世界じゃないと思うけど、その先で起こることにHIVの感染とかもあった感じで、そちらの情報のがリアル世代じゃないと勝手にメインになってくるかと思っていたけど、そこらへんはクイーンというバンドとしてを描いている挫折とかもめたりとか、そんな出来事の一部になっていたと思った。

「この弾き方が本人と一緒」とか「ここのぎたーめちゃギター見ながらひくよな」とか、飲みながらみんなで流してたときはそういうみんなわかった上での鑑賞のせいか酔っ払ってるからなのかそんなみんなが言ってた内容しか記憶がなかったのできちんと見ようとして見たら🐻が
「やっぱおっきいとこかりて練習してんなー」とか言いよるからそういうとこも気になっちゃったw
でも、全然詳しくないので知ってる人たちに「イギリスでのヒットじゃなくアメリカでのヒットが成功したことがでかい」とか説明してもらいながら見れて良かったのかなと。
あと、元カノとか関係者の立ち見がサイドなのかとかね!ひのあたらないところか!とかもう謎の見方ww

でもほんと、いろんなことを知れば知るほどその人のライブを見たときの感極まって涙する率は高いなぁ!
lovyn

lovynの感想・評価

4.3
クィーンにフレディマーキュリーの伝記映画。
曲を知っている分楽しめた映画であるが曲を知らない人はどう感じたのだろうか。
主人公のは人が似ていて感動やね!
バンドものの映画で良いのはあまりないからオススメ出来る。
uraso

urasoの感想・評価

2.9
楽曲の再現性は見事だと思うが、物語の描写は表層的で、登場人物の誰も、心の深淵のかけらも見えない。ステレオタイプのスター物語で、感情を揺さぶられるところがない。人を描く映画として、これはいただけない。サシャ・バロン・コーエンが降板した時にだいたい予想はしていたが。
とはいえ、観やすく簡単にまとめたお陰で、誰もが最後まで不快感を持たず鑑賞できる作品となったのだろう。2時間のPVとして捉えれば、むしろ正解かもしれない。
クイーンを知らない世代や、コアすぎないファンの人たちにとっては、これで良いのだと思う。楽曲の力で感動したのは確かだと思うから。事実と異なるストーリーも、これを機に興味を持ってから知ればいい。私だって「ジャージー・ボーイズ」や他のミュージシャンの伝記映画については、歌を楽しむのを主に、脚色や改竄されたであろうストーリーでも感心しながら観てきた。

物真似‥と言ってしまうとキャストは不本意だろうが、皆よく似ていた。特にジョン。

ただ、ラミ・マレックがよく頑張っていても、冒頭の時点で既に、うしろ姿が全然フレディじゃない。工夫されていても声が違うところが気になる。フレディじゃなくてミック・ジャガーに見えちゃったりもする。そんなことを感じてしまう人にとっては、なんの価値もない映画だ。当たり前だが、昔のPVやライブ映像を見た方が何倍もいい。
Yukari

Yukariの感想・評価

4.0
自然と涙が。
Rinta

Rintaの感想・評価

3.8
充実した中での孤独、理解。
クィーンの曲を聴き深めたくなる作品。
>|