ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価

上映館(370館)

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

彼女がロジャーテイラーだけをずっと映してほしいと言っていた。
良さがあまりわからなかった
MikuEsaki

MikuEsakiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

経験を重ね、年月を重ねてフレディマーキュリーの考え方や生き方が変わっていくのが切なくも美しくもあった。
I deside who I am.
は鳥肌が立った言葉。
クウィーンをしいらないとあまり楽しめないかも
TT

TTの感想・評価

4.2
クイーン大好きでもないけど号泣。

とりま映画館から帰るときはクイーンの曲を鬼リピ。
YUKA

YUKAの感想・評価

-
特にクイーンに詳しいわけではないのですが、やはり生のライブに感動するときと全く同じ鳥肌が立ったのはすごい、あとベンハはまじで好き、彼のせいでロジャー・テイラー派になった。
mujin

mujinの感想・評価

3.7
queenいいね

このレビューはネタバレを含みます

大ヒットしてるから期待値上げてみたけど、なかなか良かった。損のない、中の上の作品だった。
何より、編集のテンポがいい。
途中まで少し退屈したが、ポールが雨の中でクビになる場面以降は、引き込まれた。

好きな場面は、
○ウェイターのジムと出会う場面。
生意気なウェイターに大スターのフレディが心から謝る場面は、彼の謙虚な人間性が見えた。やっぱり評判通りいい人なんだな。大人の場面。本当の自分を取り戻しなさい!

○仲間にエイズと告げるシーン。
○父と抱き合い和解する場面。

フレディは、馬鹿なことするが、根本で妻や家族や仲間を裏切らないから、歌に愛があるんだろう。
この点、ミックジャガーや○○とは違う。
フレディがこれだけ愛されるのは、愛があるからだろう。

他の2つの感動した場面で、拍手しようかと思ったが、恥ずかしくて止めた。

★ダメな点は
○主演が小さい
○全体的に安っぽい低予算感。
○妻の役が下手
○いきなり売れるのが? 確か最初は売れてないはず。
○猫とか鶏が?
○バンド以外の俳優がイマイチ
○ライブエイドの時にエイズ?絶好調やん! ライブの朝に彼氏を家族に紹介は、本当に?
○ラストのコンサートで、客がゾンビのように狂喜してる

ブライアンメイとても似てる!
フレディと事務所の関係を知らなかったから、勉強になった。

大スターは責任を背負って、大変だな。。どんなに金持ちになっても、デビューの頃の友人を裏切るのは、彼らが変にならない限りダメなんだよね。。
友情と愛情は、目先で損しても、大切にすぺきなんだな。。
午前中にQUEENの歴史を予習し映画館へ

「QUEEN=過去に売れたバンド 胸毛」というイメージしかありませんでした。

オープニングから聞いたことのない曲ばかりでしたが、ストーリーもテンポよく構成もわかりやすい。

臨場感★★★★★
鳥肌★★★★★
感動★★(涙2回ポロリしました)

ライブに実際に行っているような臨場感
DVDで見る映画ではないです。
>|