ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価

上映館(4館)

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価


クイーンの曲が盛りだくさんで最初から最後まで楽しめる。ストーリー展開はサクセスストーリーというよりはスターとなってからの苦悩が大部分を占める。
“Bohemian Rhapsody”のピアノが1曲目で始まったとき、鳥肌がたった。
クイーンの歌はクイーンだけでは作ることができない。
聴き手のもとに届いて初めて、クイーンの歌として輝く。
それを徹底して曲を提示してきた彼らは、クリエイター鏡であると本当に思う。
“Bohemian Rhapsody”をリード曲にした理由。
“We Will Rock You”のあの足踏みと拍手が生まれた理由。
“Another One Bites the Dust”を時代に合わせて、ディスコ調にした理由。
すべて「聴き手のため」だ。

フレディは特に、「聴き手のため」にパフォーマンスをしなくてはいけなかったのだと思う。
簡単に言うと、彼は孤独であったからだ。
作品のなかにも度々出てきた「家族」という言葉。
楽曲をつくるパートナーが「家族」であった彼。
聴き手に届いてこそであるということは、聴き手も楽曲をつくるパートナーということだ。
つまり聴き手もフレディにとっては「家族」。
孤独に打ち勝つために、きっとそうするしか無かった。
そのために、彼は声が枯れたって、全力でパフォーマンスをする。
聴き手のためであり、自分のためでもあるからだと思った。

すばらしいエンターテインメントでした!
2回観にいった
映画館で観れてよかった

1回目よりも2回目がより感動したし夢中になる

回数を重ねるほどに良くなりそうな映画 さいこうだ
この映画を見る前にLIVE AID鑑賞‼️

うぉー凄い人•人•人❗️鳥肌ー😎

映画のクライマックス🎥

涙•涙•涙が自然と😭
クイーンあんまり知らなかったけど、田舎の小さな一バンドが世界的に有名になるまでの軌跡と病気という言わば呆気ない終わりの中で最高に輝く姿が素晴らしかった。
kentyan

kentyanの感想・評価

4.2
書き忘れてたので。




最高。



最後のライブシーンは圧巻。




あとメンバー役の人、全員似すぎ。


映画館から出る時の興奮は忘れられない。
内山

内山の感想・評価

4.4
個人的にクイーン が好きだったのでとてもハマった
Emma

Emmaの感想・評価

4.7
上映時期見逃しちゃったから飛行機の中で見たけど、映画館で見てたら確実に大号泣してただろうなあ😅💗
飛行機の中の小さい画面で見ただけでも泣いてしまった。鳥肌。

正直Queen詳しくないけど映画見てから曲も聴いてみたいなって思えた。

演出がほんとにすごかった。大拍手
>|