ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価

上映館(348館)

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

珍しくアニと観に行った。奮発してIMAXにしたけどその音響に感動。そして役者がそっくりで驚き。改めて曲を聴きたくなった。名曲は時を経ても色褪せないね。
映画を観て感化された礼子は車中は専ら借りてきたアルバムをリピートしてます。得意げに話すQueenうんちくもそろそろカンベンだよ。
kou29

kou29の感想・評価

4.2
最高。全身にきた。
ntk

ntkの感想・評価

4.0
映画館で観るべきでした。
suu

suuの感想・評価

4.2
最高以外の何物でも無かった!!!
何度もチャレンジしたけど満席で心折れそうになってたけど、頑張って映画館で見て良かった〜。

映画のフレディを見る限り、天才って本当に純粋で繊細な人が多いんだと感じてしまう。。この時代に生まれて、彼らの音楽と共に生きてきた人達が羨ましくなった。
ライブエイドをリアルで見てて、33年後にこんな映画が上映されたら、そりゃ号泣もんですわ。
鮭

鮭の感想・評価

4.5
観た。観たぞ。素晴らしい。
前評判良すぎて、ハードル上がりすぎだけど大丈夫か?それにクイーンそこまで詳しくないぞ?と心配しつつ鑑賞しましたが、それでも軽くハードル越えてきました。

まず、大して詳しくなくてもほとんどが耳にしたことがある曲ばかりだということ。
自分が子どもの頃にクイーンの歌を聴いた時の印象は、ヘンなのー!でした。
成長するうちにどうやら偉大なバンドだと知って、そうかこれはいわゆる名曲なんだと思おうとしていましたが、当時の世の中でも同じ受け止め方をされていたんだなぁ。

いつの時代の人も、良くも悪くも違和感を覚えることへのリアクションはとても敏感。時には攻撃もされる。
それをフレディは抱えながら、時には楽しんだりもして、もがいてもがいて表現し続けたんですね。
ライヴ・エイドのシーンは涙が止まらなかった。素晴らしいよ。
mebiko

mebikoの感想・評価

4.5
ラストのライブシーンではずっと泣いていた。ラストに向かって物語が収束していく快感、しばらくはずっと車の中のBGMは映画のサントラでした。ハマー・トゥー・フォールの歌詞が響きすぎて、大人になって聴くクイーンの尊さよ。そしてブライアン・メイはまんまブライアン・メイでした、すごい!
2018.11.27 1回目
2019.03.24 2回目(応援上映)
>|