ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価

上映館(7館)

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

最後のライブは鳥肌立った!
大ヒットするのも頷ける映画だね。
劇場で観たかったな。

フレディは孤独から解放されて良かったね。
周りの良き理解者達に恵まれとったんやな。

こう言う音楽物の自伝的な作品は基本的に外れんよね。
USAMI

USAMIの感想・評価

4.5
映画館での鑑賞がおすすめ
ストーリー+圧倒的なライブ体験
クイーンのファンになった
ELLE

ELLEの感想・評価

3.9
ようやくDVDで鑑賞。
映画館で見ていたら、また違ったんだろうな~💦と後悔。

ただ、ラミ・マレックの憑依ぶりはすごかったし、皆若かりし日のクイーンにそっくりだった。

沢山の人に愛されながら、孤独と戦っていたフレディの姿は中々切なかったです。

ライヴエイドのシーンは、フレディの背中に『わが人生に悔いなし』の文字を見ました。
kouichiRO

kouichiROの感想・評価

4.1
もう一度観たい!!
最後のライブシーンで泣くの納得
飛行機で見たので、音が残念すぎたのが悔やまれる…
フレディの人生の物語り

「彼」になるまでの話が濃く
「彼」になっても濃い話し

愛し愛され愛を拒んだ男の人生

逃げという誘惑に人生かき乱され、めちゃくちゃになって帰ってきても
プロフェッショナルなので「彼」自身が人生を背負ってるようにも見える。


人をも魅了する存在に世界が動きます
GijoeGo

GijoeGoの感想・評価

4.0
バンドの事は知らなくても超有名な曲が豊富なクイーンの代表的な曲のメイキングやメンバーの関係性、当時のミュージックシーン、ゲイやエイズに対する偏見や誤解、差別など、駆け足ではあるが盛り込めるだけ盛り込んだ作品。

製作中のトラブルなど吹き飛ばす勢いの本作はエネルギーに満ち溢れている。

終盤のライブエイドのセットリストの歌詞が主人公の状況にとても寄り添っているのだと感慨深く感じた。

特典映像ではライブエイドの完全版が入っており更に感慨深い。

俳優陣の演技や演奏も素晴らしく特にラミ・マレックのフレディに憑依振りが最高。
他のメンバーもよく集めたなと思える程のクオリティで終始没入出来た。

70〜80年代当時のファッションの再現度がとても凝っていて素晴らしい。

美術セットもライブステージやフレディ宅、レコーディングスタジオ等多岐にわたり雰囲気を盛り上げるのに一躍買っている。中には本物のギターや音源テープを使用して本物度が半端ない。

メイキングを見て驚いたが後半のライブエイドのシーンが撮影初日という無茶な事をスタッフはやってのけたのだという事が監督降板でも何とか完成までやり遂げたチームワークがクイーンというバンドと重なってよりエモーショナルな作品へと昇華したのだと思う。

キャッチーな曲と個性豊かなメンバーと相まって今もなおファンを増やし続けているモンスターバンドの生き様を描いた傑作。

是非大画面で大音量で楽しんで欲しい。
いいの

いいのの感想・評価

4.6
めっちゃえーーよ!!
観客「「「えーーお!!」」」
>|