ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価

上映館(7館)

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

超超話題作を遂に鑑賞

あんまり音楽に興味ないし
Queenもそんな知らんけど
観入ってまいましたね

どこかで耳にしてる曲の多さに
Queenの凄さを感じました

これは映画館で観といたら
もっと感動できたんやないか思ったね

映画館に
行っとくべきやったなぁ〜〜
koichi

koichiの感想・評価

3.9
キャストの似具合がすごい
lotus

lotusの感想・評価

3.4
ラストのライブシーンで思わず寝てしまいました。
QUENNは好きなのですが、今作を少し残念です。
最高でした!絶対に劇場で見るべし。
せい

せいの感想・評価

4.0
QUEENの事はよく知らない。だけれども、ラストの圧巻のライブシーンは感動しまった。あの大きな会場を埋め尽くす人々の熱気が画面からひしひしと伝わって、無性にも感動してしまったのだ。あんな大きな会場、よっぽど人気じゃなければ、埋められるはずがない。
しかし、ラストのライブへたどり着くまでの過程はいろんな意味で不安だった。前評判ほど気持ちが高ぶるくらいの面白さがなく、期待外れだったかも、と頭に過ぎった。
映画館で観たり、QUEENが好きだったり、世代じゃなければ、感動できないのではないかと思ったりもした。
ひとまずライブのシーンだけが飛び抜いて良かった映画だったかも。
また月日が経ったら評価が変わるかもしれない。
ブライアン・メイが扱う『レッド・スペシャル』もまた、このバンドの強みだったと思う。

このギターに使われた全ての素材、そしてブライアンが持つ硬貨によって生み出されるサウンドは、まさに唯一無二だったと思う。

そして、そんなレッド・スペシャルから放たれる2音半のチョーキングは異常。
再現度が凄い…。そしてラストのライブシーンでは自然と涙が溢れてた。
聞き馴染みのある歌なのに、気が付いたら涙が溢れてた。歌声だけじゃない。歌詞やパフォーマンスも合わさって心打たれたんだと思う(T^T)
なにがそんなに良いのか、正直分からなかった。なんだろこの温度さ。
この時代のミュージシャンにゲイの人が多いのはわかるし、主人公の人生を描くうえでは必要なんだろうけど、長い。あまりに長い。同性愛描写は別に苦手でもないし、好きな作品ならある。けどなんか全部が中途半端な気がしてならない。
ノンフィクション系にテーマを求めてもあまり意味はないと思うけど、伝えたいことがない映画なんだなと思った。ただただ人生をなぞっているだけ。
ライブや音楽のシーンは興奮したし良かったけど、センスがなかった。あれ何曲も流すより一曲一曲しっかりと大事な場面とかラストとかで選びぬいた曲を流してほしかった。あれじゃ曲に特別感がでないし、フルで流さないからただのBGMみたくなってた。
クィーンの曲のよさが発揮できてないよ、あれじゃ

んー世間で評価されてる理由がわからない一作だったと個人的には思った。期待してたからより残念かな
>|