ボヘミアン・ラプソディの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

ボヘミアン・ラプソディ2018年製作の映画)

Bohemian Rhapsody

上映日:2018年11月09日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

あらすじ

「ボヘミアン・ラプソディ」に投稿された感想・評価

Iwarenkon

Iwarenkonの感想・評価

4.8
映像と音楽を追求した映画であって、映画人生で最多の6回の劇場鑑賞をした作品…
いや〜クイーンファンにはたまらんです。

映画としてどうという評価を超えて痛く感動したことに間違いはないし、伝記としても良作と思う。また、役作りも脚本も申し分なく、映像も後半のライブは本物を見ているような錯覚すら覚えた。素晴らしい作品だと思う。
魂を感じる!
姉ちゃんがファンでよく聞いてた。

カッコいい曲。面白い歌詞。
ヒゲ、白いタンクトップ
ゲイでAIDSで亡くなったのは知っていた。

だいぶ前に観たので…
でも鑑賞後、ボヘミアンラプソディ
自分なりに解釈して聞いていたら、涙。
感動しかしないね!

主役も不細工!似てない!似てたわ‼︎‼︎‼︎‼︎
クイーンの曲ってこうやって作られたんだねーって知れる作品。クイーン好きにはたまらないと思う。
salsato

salsatoの感想・評価

3.5
ラストのライブで号泣
にしこ

にしこの感想・評価

4.3
泣いた。

父ちゃん小さい頃から聞かせてくれてありがとう。
我が映画で泣くことそんなないで。
ロミ

ロミの感想・評価

3.9
観ました。観ましたよー!
今までフレディマーキュリーって、
①マリオ風のお髭
②新体操を思わせる白のぴちぴちのユニフォーム
③なぜ、マイクのスタンドは短いのか。
といったイメージでした。(ごめんなさい)

でも。
映画観たら熱いものがありました。

実際のライヴエイドの映像を映画観終わった後にみてみたのですが、鳥肌でした。
再現力の凄さもありますが、フレディマーキュリーの迫力に。
このライヴエイドに至るまでを映画で知ってから観たからというのもあると思いますが、何度も見返してしまいました。
そしてあれもこれも聴いたことのある曲ばかり。色褪せない音楽をつくりだせる天才だったんだなー

あでも、前歯は流石にやり過ぎだったらしいね♡
nekosuki

nekosukiの感想・評価

4.0
“クイーン”の主なヒット曲は知っていても“クイーン”というバンドのことを何も知らなかった。

ただ、音楽映画というだけで劇場に足を運んだ。

70年代に何を聴いていたか?振り返ってみると“ローリングストーンズ”や“スティービー・ワンダー”だった記憶がある。

私にとっての“クイーン”は“デヴィッド・ボウイ”とコラボした「アンダー・プレッシャー」だったと思う。

映画では“クイーン”の結成から絶頂期そして“フレディ”との別れまでを丁寧に描いてある。

その要所にヒット曲を挟み、緩急をつけて飽きさせない工夫を凝らしてあった。

素顔は全く似てない“ラミ・マレック”
が徐々に“フレディ-・マーキュリー”に見えてくるから不思議だ。

自身は病に蝕まれながらのライブシーンは圧巻だった。

今では“不治の病とは言えないその病”の発症を遅らせることも出来るのに
生まれた時が早すぎたのか?

語り継がれる伝説と残されたヒット曲が悲しい。
>|

似ている作品