スクランブルの作品情報・感想・評価

スクランブル2017年製作の映画)

Overdrive

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:94分

3.4

あらすじ

「アル・カポネが銃撃用に改造した車だ」などと、ひと目でその車の伝説を語る膨大な知識を持ち、兄のアンドリューは頭脳、弟のギャレットはメカニックを担当──それが高級クラシックカー専門の世界一の強盗団、フォスター兄弟だ。彼らにとって、どんな盗みも成功させるのは当たり前。大事なのは、誰も思いつかない〈驚愕の手口〉で、いかに美しく完璧に盗むかだ。今回もオークション会場から搬出された世界に 2 台の 37 …

「アル・カポネが銃撃用に改造した車だ」などと、ひと目でその車の伝説を語る膨大な知識を持ち、兄のアンドリューは頭脳、弟のギャレットはメカニックを担当──それが高級クラシックカー専門の世界一の強盗団、フォスター兄弟だ。彼らにとって、どんな盗みも成功させるのは当たり前。大事なのは、誰も思いつかない〈驚愕の手口〉で、いかに美しく完璧に盗むかだ。今回もオークション会場から搬出された世界に 2 台の 37 年型ブガッティを奪うはずだった。しかし、落札したのが残忍なマフィアのモリエールだったために、兄弟は囚われの身に。命が助かる条件は、敵対するマフィアのクランプが所有する 62 年型フェラーリを 1 週間で盗むこと。アンドリューの恋人で一流ハッカーのステファニー、指名手配中の天才スリの美女、火薬が恋人の爆弾オタクら寄せ集めチームで、犯罪史上最大の強奪作戦に挑むはずが、インターポールに追われ、ステファニーを人質に取られ、挙句の果てにはクランプに計画を知られてしまう。だが、実はピンチさえも兄弟の〈計画〉だった──。

「スクランブル」に投稿された感想・評価

maverick

maverickの感想・評価

3.6
『ワイルドスピード』系な車好きならば観て楽しめる映画。往年のクラシックカーやスーパーカーが走り回る姿は感涙もので、そこが本作の一番の魅力。あとはカーアクション版『オーシャンズイレブン』なストーリーで、娯楽大作って感じのお気楽ムービー。正直言って車好きでないとそこまで面白味はないかも。でも、クリント・イーストウッドの息子スコット・イーストウッドや、『ブレードランナー2049』のヒロイン アナ・デ・アルマスなどのハリウッドのフレッシュな役者が出演してるのも魅力なので、絵になるという点では決して悪くない映画である。
アナ・デ・アルマスが見たかっただけなんだよね…。
彼女が出てるから最後まで頑張って観たけど、なんかストーリーに興味もてないし、車もそんな好きでもないので観てるのが苦痛になった。アクションもありきたりだし面白くはない。
風来坊

風来坊の感想・評価

3.0
クリント・イーストウッドの息子さん、当然だけど親父に似ている。額のシワと目尻のシワ、しかめっ面が特にそっくり。内容としてはどうしても「ワイルドスピード」にかぶっている感じがします。

犯罪者が主人公のお話しですし身から出た錆みたいな展開で、どこまで主人公達に肩入れ出来るかどうかが物語を楽しむ鍵となりますが、個人的には「ワイルドスピード」のような仲間の絆とか熱いものは感じずあまり物語に入り込めませんでした。

それでもカーチエイスシーンは迫力がありますし、窮地の状況下でどう盗みを成功させどう状況を打破出来るのかはハラハラします。鮮やかな手口での盗みを期待しましたが、その場のノリというか結構強引だったので残念。盗みの最中にプロポーズ…要らねぇ…興が削がれる。

スゴく評価が高い映画だったので期待し過ぎたかも知れません。個人的にはあまりハマりませんでした。レプリカとは思いますが、クラシックカーが多数登場しますので車好きな方は楽しめる映画と思います。
osaya

osayaの感想・評価

-
車について全然詳しくないので色んな車種や貴重さなんかがわかんなかったけど、出てくるクラシックカーが素敵。

展開は途中で読めてしまったけど、テンポも良かったので普通に楽しめました。

舞台になった南仏の景色が綺麗だな〜と思いながらお茶飲みながらのほほんと見てしまった。
クルマ好きにはたまらん映画
RYO

RYOの感想・評価

3.8
車好きにはたまらんやつ!!
ワイスピと製作陣は同じみたいやけどまた違った仕上がりになっていて良かった。
個人的にはもう少し張り合ってほしかったかなぁ。
大勢いた仲間らしき人物達があまり目立ってなかったのも気になった。
クリント・イーストウッドの息子スコット・イーストウッドやアナ・デ・アルマスが出てたのは俺得でした。
ストーリーの展開が非常におもしろくてしっかり車を主体にしているところが良い。
続編楽しみにしています!
ha7ta6

ha7ta6の感想・評価

1.9
なんかもうメチャクチャ。
傷つけるな!と言いながら発砲したり体当たりしたり…。
今のポルシェがクラッシックカーに負けるの?知らんけど〜。
あんな大物から車盗んどいて、次は世界に9台しかない云々…。
このあと死しかないような気がするのはワタシだけ?
車が好きで、お酒片手に何も考えずに観るのにオススメですかな。
Masa

Masaの感想・評価

3.0
クリント・イーストウッドの息子のスコット・イーストウッドが主役です。父親譲りで、動じない役が似合います。
ストーリーはよくありがちな、車泥棒が絶対に仕事をしなくてはいけない状態になるパターンです。
なぜか、ただの車泥棒の方が、マフィアよりも強いです。それに、仲間が増えるけど、顔さえ映らない人が何人かいます。
「フェラーリどうしたの?大丈夫?」と、突っ込みたくなるところもありますが、それなりに楽しめました。
アナ・デ・アルマスは、「ノック・ノック」といい「ブレードランナー2049」といい、男を惑わす役にピッタリです。嫌いじゃないです。
あっこ

あっこの感想・評価

2.6
2018.9.9
WOWOW
>|