リュミエール!の作品情報・感想・評価

「リュミエール!」に投稿された感想・評価

gon

gonの感想・評価

3.6
最初の動く写真(映画)を観れたことに感動。どれも温かみがあって笑いもあっておもしろい。
銀幕短評 (#222)

「リュミエール !」
2016年、フランス。 1時間 30分。

総合評価 74点。

短歌や俳句などの定型詩が、ときに自由詩よりも能弁にメッセージを送るように、50秒のカセをはめられた映画が多くを語ることがある。

意外なことに、映画の歴史は たかだか 120年程度だという(自動車のT型フォードが 110年と、ほぼ近い)。フランスでリュミエール兄弟(リュミエールは “光” の意でもある)が機材を開発して、それで撮ったモノクロ無声映画を公開し始めたのが、映画の歴史の始まりらしい。

この映画は、彼らの製作した膨大な映画のうち108本を次々に紹介しながら、ナレーターがそれらに分かりやすい解説(もちろんフランス語)を加えるという おもしろい趣向だ。また音楽がぴたりと合っている。

モノクロ無声映画といえば、チャップリンや「アーティスト」(#195、75点)が思い出されるが、揺籃期のこれらの短編は そのように こみいったものではなく、たった50秒のフィルムの制約のなかで、多少の演出を効かせた さながらホームビデオだ。

曲芸団の一編がいちばん気に入ったが、ほかにも 往来の通行、ペタンク、バックギャモン、登山、汽船、建造物、海、兵士、幼児、隊商 、世界の名勝、京都での剣道、気球、雑多な喜劇などなど、当時の風物と文化をよく記録している。

「光」(#185、日本、89点)で 「映画ってさ、だれかの人生とつながることじゃない?」というセリフがあったが、これら50秒の映画ひとつひとつで 当時の名もなき彼らと 名もなきわたしとは、確かに世界を共有している。
たくや

たくやの感想・評価

3.5
映画のお勉強。
120年前に映画を発明したリュミエール兄弟の1000本以上に及ぶ作品の中から代表的な作品を実際に鑑賞しながら、リュミエールについて勉強する、という作品。

正直、かなり途中で眠くなり、挫折しかけたけど💦
“映画の原点”はなんだったのか?というところを学べたので、得るものは大きかった。

リュミエールの処女作『工場の出口』
“映画の始まりは大衆だった。”という説明がなぜかこう、グッときた。

これからも映画は長く長く“最高の娯楽”であってほしい!
そう思わせてくれる作品だった。
でもまあ映画ではなく、NHKの番組みたいだったので、星は普通の評価。
K

Kの感想・評価

3.3
映画館で観るべきだった。

映画を発明したリュミエール兄弟
今では当たり前にあるムービーが当時は新鮮だったってのが、うつりこむ人々のカメラへの意識で伝わってニヤける。笑

リヨン
他に比べて特別なにかあるわけじゃないんだけどなんかすごく雰囲気のいい都市
リュミエールの博物館があって、いい暮らしをしてたんだと見られる内装で、映画を発明するに至った色々なモノが展示されてる。ステキな場所でした。
さまざまな50秒の映像がずーっと続いて全部で108本。
とても良かったのです。映画愛にあふれていて。ナレーターの淡々としたツッコミがまた良いのです。これは絶対字幕よりも吹き替えの方がいい気がする。

108本の中で私は一番好きなのは、海に突き出した飛び込み台から次々に飛び込む少年たち「海水浴」
あなたは何ですか?
いろんな人に聞いてみたい。
いまみてもすごい
TA

TAの感想・評価

5.0
映像の豊かさとは何だろうか。
HAY

HAYの感想・評価

4.0
1895年〜1905年に撮影されたシネマトグラフ108本の映像。
世界初の映画製作。
1作品50秒。
『リュミエール工場の出口』1895年
『川の洗濯女たち』1896年
『パリ託児所の乳母車の行列』1897年
バレリーナ(タイトル不明) 1897年
『自動車事故』
…一度見たら忘れられない映像の数々。

"映画とは動きだ"
"地平線を画面の真ん中に置くな"

ミニシアターで鑑賞。
>|