下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。の作品情報・感想・評価

下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。2009年製作の映画)

製作国:

上映時間:126分

4.1

「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」に投稿された感想・評価

17co

17coの感想・評価

3.8
大声出して笑いたい時にはナックスの舞台がいいね!

たいぞう兄の恋に大笑いした!
音尾さんの演技すき!

このレビューはネタバレを含みます

大泉洋や安田顕ら、北海大学演劇研究会に所属していた5人で結成された「TEAM NACS」。
前々から興味があったのをやっと鑑賞できました。

やっぱり舞台は良いなぁ。
本当はDVDではなく目の前で鑑賞できたら最高なんだけど、最近はなかなか機会に恵まれません。

分かりやすい笑いから、涙腺をこれでもかと刺激する感動劇まで、ボリュームたっぷりの内容は嬉しい限り。
舞台ということもあり、全てが綺麗に客席にハマることの難しさを感じつつも、緻密な脚本と熟練された演技力のおかげで出来栄えは見事なものです。

限られた人数でそれ以上の役柄をこなすのも鮮やか。
特に音尾琢真さんの女装からのおっさんという、全然タイプの違う役作りは圧巻。
心底役者って凄えなぁと思います。
カノ

カノの感想・評価

4.3
笑って、泣いて、
やっぱチームナックスいいなぁ

ほんとに兄弟みたいなんだろうな

小林製薬の糸ようじ
ゆう

ゆうの感想・評価

4.5
大泉洋だから書けるものがあるって感じの作品で、とても好きです。
ファンが見たいものをわかってるという感じ。
Shizka

Shizkaの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりのチームナックス、しかもor erではないシリーズとあって、期待値が高かったのだが、、ざんねんながらルーザーほどの出来栄えではなかったようだ。

前半のお見合い部分は後半功を奏すのかと思いきや、まるで関係がなく、むしろ登場人物を多くして混乱させたし、兄弟の名前がどうでもいいネタのために覚えづらくなり、技巧を凝らした二階、一階のシーンのだからなんなのかといった手法。

所々でクスりとしたり、ちょっと感動したりはするけども、全体を通して見ると、まあよくある娯楽舞台、印象には残らないかな。

ヤクザが兄弟の絆を取り戻す物語だって気づくのに時間がかかる作りになっていて、そこが一番おおきくミスしたところだろう。

ギャグもジョークも冴え渡っているとはいえないけど、これがあのルーザーを書いたリーダーの台本なのか?と疑ったら、大泉さんの脚本だったのか。習作だからか、出来栄えはイマイチ。

ああ、だからor erじゃないのか。
bavaroa

bavaroaの感想・評価

3.8
劇場で観たけど覚えてないんだよなぁ。
相変わらずTEAM NACSの芝居は面白かったというのだけ覚えている。
無茶苦茶面白い
fujinami

fujinamiの感想・評価

4.5
めっちゃ泣いた。チームナックスなめてました、ごめんなさい。
sand

sandの感想・評価

4.5
前半が爆笑ー🤣🤣🤣
たぶん劇場に見に行った人同様、初っぱなから心捕まれたww
アンジャッシュ笑

大泉洋の格好も笑えるし、みんなに渡す御守りがツボ🤣🤣

チームナックスって名前だけと大泉洋しかあまり知らなかったけど、みんなそれぞれ面白そう😳🎵
Maiko

Maikoの感想・評価

4.3
笑えて、泣けて、心温まる感動作✨
3人の女装も見所です❗(笑)
>|