dameyaji

ちはやふる ー結びーのdameyajiのレビュー・感想・評価

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)
4.0
元々ちはやふるの原作未読だった私は、

「上の句」初鑑賞(めっちゃ感動😭)

「下の句」鑑賞(少しだけ消化不良🤔)

huluでアニメ版2シーズンを一気見(めっちゃどハマり状態に😭😭😭)

的な時系列でこの「ちはやふる」の大ファンになってしまった訳で、なので原作を知らずに観た「上の句」・「下の句」と、原作を知った後にこれから観る「結び」の感想は今までとは違うのかな?…何てアレコレ考えながら観た結果、やっぱり映画は映画で

「おもしろかった〜ヽ(´◇`)ノ ファ~♪」

バックトゥザフューチャー3部作をご覧になった事がある方なら分かっていただけると思うのですが、待ちに待った続編が始まった瞬間、真っ暗な画面から聞こえてきたアノ…

ピロロロン♪…ピロロロン♪♪…ピロロロン♪♪♪…(すいません、例えがヘタクソで、汗)

という聞き慣れたメロディーが流れてきた瞬間のあの何とも言えないワクワク感💕(←伝わるかなぁ〜?)

この「ちはやふる」も同じで、スクリーンに映し出された東宝のロゴが消えた後静かに流れ出すあのメロディーが聞こえてきただけで既に私は鳥肌モノでした(笑

瑞沢高校カルタ部の懐かしい面々も少し歳をとった感はありますがw相変わらず健在。そして、今回から新たに加わった新入部員の菫(すみれ)ちゃんに筑波くんの存在もなかなか良し!

ちなみに、原作では千早が菫(すみれ)と読めず「ニラちゃん?」と間違えたエピソードが本作でも出てくるのかな?と少しだけ期待しながら観てたけどさすがになかった…😅

いよいよ登場!的な感じの周防名人のあの独特のキャラとあの強さ!(原作のイメージ通り〜♪)
新と準クイーン千織との間で繰り返されるあのしつこいやり取り。(笑笑)

クイーン詩暢ちゃんはもうすっかり和ませ役側になっちゃってましたね😊


映画版の「ちはやふる」を3作通して観て改めて感じた事。それは、

“静けさの心地よさ”

です。
カルタならではのあの下の句が読まれる前の一瞬の静けさ。
それに合わせて劇場の中がシーンとなる静けさ。

これだけは原作ではなかなか感じる事が出来ない、映画版だからこそ感じる事の出来る心地よさだと思います。

「運命戦は運命じゃない」

ホント名言ですよ。


ただ、、、
原作を知ってしまったからこそこの場を借りて言わせていただきたい!

原作未読の方!
綿谷新は本当はもっももっと強いんですからね!!

前作の「上の句」・「下の句」でなかなかカルタをやらず焦らしに焦らされた新のカルタシーンが今回の「結び」でやっと観れるゾ〜ヾ(o´∀`o)ノ
と、予告編を見ながら楽しみにしてたのに、、、のに、、、
全然新の強さが感じられなかった…(。í ω ì。)ショボーン

私と同じく映画を観てこの「ちはやふる」を好きになった方!よかったら是非原作の方もご覧になってみて下さい。きっとこの私の気持ちが分かってもらえるはず。

以上、一ちはやふるファンより<(_ _)>