ちはやふる ー結びーの作品情報・感想・評価

ちはやふる ー結びー2018年製作の映画)

上映日:2018年03月17日

製作国:

上映時間:128分

4.2

あらすじ

待望の新入部員獲得に向けて奮闘する千早、名人を目指す新に立ちはだかる絶対的な壁、そして突然かるた部を辞めてしまった太一。かるたが繋いだ3人の幼なじみの運命が、今、それぞれの未来に向かって動き出す―。果たして、全国大会の行方は?

「ちはやふる ー結びー」に投稿された感想・評価

可愛い女の子から美しい女性に、サナギが蝶になるがごとく羽ばたく寸前の広瀬すずを愛でる映画

うん、それでよし。

ゆるキャラと松岡茉優のショットが笑えた~
scarface

scarfaceの感想・評価

3.6
ちはやふるシリーズありがとう!!
かるた映画完結編

後編がとてもよかったですから、どうなるかと思いましたけど、綺麗に終われてよかったです

周防さんがとてもよかったですね
厭世的な感じだけれど、予備校の大勢の前でただひとりに伝えるという彼が一番苦手そうなことをした熱いシーンが印象に残りました

若宮さんの解説シーンも観たいものがみられてよかったです
「上の句」85点ぐらいで、「下の句」が70点ぐらいの満足度で、まーBTTFとかも3はお祭り映画やし、付き合いで観に行った感じなんですが、、、、これが!
このシリーズは良くも悪くも広瀬すずワンマン映画といってもいいぐらいの2作でしたが、今回は野村周平くんを中心に据えて、しかも野村くんは今までクサイ演技が苦手なイメージがあったので、メタ的な成長譚にみえて説得力もあって、大変感動しました!また一つ一つのシーンも良くて、あの部室での全く無音のシーンや、クライマックスの運命戦の俯瞰ショット、賀来賢人さんのメンター役、イイです!青春映画の大傑作!
かすみ

かすみの感想・評価

4.3
今までのちはやふる上の句、下の句とは少し違った面白さとか遊び心が詰まった映画になってるし、新メンバーも沢山出てるから、違う映画見てるみたい!!!
【滅びを結びに変える縁と念】

始まってから数十分ほどの間「これは、ちはやふる-滅び-だ」という印象を強く受けた。
チームの存続が危ぶまれるという展開は、シリーズ映画にはありがちなパターンではある。
しかし本作において、主人公達を襲う滅びの予感の恐ろしさには、従来のメジャー青春邦画とは一線を画すものがある。
太一を覆う漆黒の闇と不気味に歪むシャーペン。
踏切で千早を後にする太一の背中の無情さ。
どの場面においても監督の演出はシリーズ最大級に緩急の差が徹底されており、かるた部崩壊の過酷さを物語る。

では、なぜここまで本作は「滅び」に拘るのか。
それは、千早達のかるたにかける想いと精神が、「滅び」の予感を跳ね除け次世代への「結び」となるまでのドラマを描き切る為だ。

絶望の淵に立たされた千早達を救うのが、新入部員や新しく出会うメンターである時点で十分感動的だが、ここはまだ下の句で描かれた「情熱が誰かに波及する」展開をまだなぞっている。
しかし本作が凄まじいのは、前二作のイズムを一度滅びの淵に立たせ、それを回収した挙句さらなる高みに到達した点にある。

凡百のスポ根青春邦画と違って本作がここまで評価されているのは、1つ1つの試合の勝敗に「ロジック」を確立したからだ。
かるた選手の動作の全てが彼らの勝利に完璧に整合しているから、このシリーズはこんなにも燃えるのだ。
しかし本作は、ついにそのロジックを捨て去る。
クライマックスの試合の展開には、所謂「奇跡」が起こる。
けれどもそれは決して作り手の都合とは思えない。
千早達に奇跡をもたらしたのは、紛れもなく彼女達の「念」である。
かるたが心底好きで、
様々なロジックを身につけて試合に勝てるようになって、
ステージを重ねるごとに色んな人と「縁」を結んで、
自分のためにも彼らのためにもこの試合にどうしても勝ちたくてという「念」。
画面をスプリットしてまで見せられた時に、部全員のかるたに向かう表情の力強さに圧倒される。

そして、ロジックと縁と念によって奇跡を成し遂げてしまった彼らの物語は、千年という途方もない時代の流れに乗ってしまう。
この瞬間、誰かへの想いを表現した歌詠みの物語が、千年の時を超えて現代に「結ば」れる様が映画とリンクする。
この感動は「かるた」を題材にしてしか決して味わえないのだから、本作が単にマイナースポーツを扱うだけのウケ狙いなんてレベルをとっくに過ぎていることは明白である。

途方もない感動と奇跡に満ちた本作は、ロマンチックでファンタジックな煌めきさえ帯びている。
エンドロールでperfumeも
「ほら飛ぶよ are you ready?」
と歌っているではないか。
この「ちはやふる-結び-」を見るということは、人気シリーズの締めくくりに立ち会うことにとどまらない、千年後にまで波及し続ける「無限未来」な物語に飛び乗る体験に等しいのである。
フィー

フィーの感想・評価

1.8
『ちはやふるー結びー』23点
は?何このつまらない学芸会みたいな映画!
「上の句」は面白かったのに「下の句」で失速し、
そして今回の「結び」。
は?何この陳腐さ。わけわからん。全部わざとらしい。
席にJKいっぱいだったのは嬉しかったが(関係ないか)
俺一人ポカーンとしてた。「下の句」の内容忘れてたし。
ひたすら苦痛でした。
Perfumeは主題歌に合わない!!
後、最後のアニメもなんだかな〜。。。

広瀬すずは可愛いけど、前よりもお姉さん(広瀬アリス)に似てきたな。
ちなみに隣のおっさんは涙拭いてたな。
Soshi

Soshiの感想・評価

3.5
太一にフォーカスを当てたのは驚嘆した。
まさかここで太一とは。

上の句と本作と比較すると、やはり、感動や目新しさに劣るものがあった。

しかし、フォロワーの評価は高評価。
私のフィルターが一般とかけ離れているのか。
maru

maruの感想・評価

4.0
3部作の中では一番好き
ストーリーも良かった
>|