X-MEN:ダーク・フェニックスの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

X-MEN:ダーク・フェニックス2019年製作の映画)

X-MEN: Dark Phoenix

上映日:2019年06月21日

製作国:

3.4

あらすじ

「X-MEN:ダーク・フェニックス」に投稿された感想・評価

一休

一休の感想・評価

3.7
賛否あれども自分としてはこれでよかったかなという印象
前半のテンポの悪さや人気キャラであるクイックシルバーの扱い等酷い部分もあるが、シリーズトップと思える戦闘描写には感心した
後半はテンポも良く楽しく見れるが、前半の展開をどう乗り越えるかによって点数が変わる

ジェームズマカヴォイお疲れ様
マジか。
20年続いたシリーズが終わる。スピンオフやら過去改変やらやりたい放題していたこのシリーズが終わる。
その最後がこれか。
まだ続くよね?これ
いつも通りの心の葛藤、マグニートーは味方、クイックシルバー…
なんか、こう、、、ないの!?
終わらないでくれるなら4.0です
PEZ

PEZの感想・評価

3.5
ご無沙汰してました。今週末やっとジョーカーみれそうでめちゃくちゃ楽しみです

レビューできてなかったのをまとめてあげます。連投失礼します!
-------------------------------------------
今作にて、一応の完結をみるX-MEN。
題材は「ダーク・フェニックス・サーガ」

前シリーズでもファムケ・ヤンセン演じるジーンのパワーは描かれていたが、今作では心の葛藤がメインで描かれる。

観る前から、賛否両論なのは何となく感じていて心配していたけれど、杞憂で済んだ。

結論からいうと、よくここに落とし込んだなと。
「エンドゲーム」という作品が生まれてしまった以上、比較されるのは必然。その中で、どう線引きをするのか。その課題をジーンやチャールズ、ミスティークの悩みを描くことで作風がブレずにすんだ。

自分としては、ずっとみてきたチャールズだからこそ、感情移入してしまい、周りに責められるのがつらかった。RIVERのメンタルヘルス的な観点からのレビューにもあったが、記憶を閉じこめたのもジーンを思っての行動であり、そこには悩みや迷いもあったことだろう。エゴがないといえば嘘になるが、ここまでの功績を思えば無理もないと思う。

アクションも悪くは無かったがクイックシルバーの出番はもう少し観たかったところ。

完結ということもあり、世間のハードルはあがっていたが、ディズニーによる20世紀フォックス買収、監督交代劇からの公開延期などトラブルが重なっていたので、よくここまでやってくれたなというのが正直な思い。ここで一区切りつけられたのもよかったのかもしれない。また新しいX-MENが観られるのを楽しみにしていよう。
なな

ななの感想・評価

3.0
面白かったけど、期待ほどではなかったかな。
いいシーンもたくさんあったんだけど、最後ならもっと掘り下げてほしいところがありすぎた。
ジーンの話だから、スコットももっと見たかった。
RYUTARO

RYUTAROの感想・評価

3.2
X-MENシリーズ最終作にしては個人的には残念だった

でもアクションシーンはとても迫力があって凄かった
Ketchup

Ketchupの感想・評価

2.8
X-Menは前から全部見てきたつもりだけど、公開された順に見てくとどれが正史でどのキャラが生きてるべきでそうじゃないとか、難しい。というか全然分からない。そういうの抜きで見るなら良いんだけど、アクションすごいなワーとかemotionalだねオーとか、しか思わない表面的な鑑賞になってしまう。今回の作品に関しては、ジーンを強調するあまり、宇宙の敵の存在やその強さが曖昧過ぎて何と戦ってるのかが分からなかった。ジーンは他の作品でも未来の世代で暴走させられて可愛そうだよね。パラレルワールドなら俳優変えても良いんじゃない?と思う。
差別と絆の話がメインだが、サイキック対決は女性演者の方が見ていて汚なく無いというか何というか。
だが、ボウズから鼻ぢが1番印象に残ってしまった…思わずゲラゲラ笑ってしまったじゃないか。
一応シリーズ全部観てたけど、前作の終わり方覚えてなかったし何作か前に時系列変わったりしててもはや追えてなかった。。
そしてウルバリンいなかったのも観終えて思い出したけどローガンで死んだんだっけ、、、
相変わらずマグニートがかっこいい、ほれぼれする。
マッツミケルセンが生来の悪役俳優だと思ってるんだけど、敵の親分も負けず劣らず悪役顔だった。
これで終わりって正直残念です。
>|