悪魔の毒々クチビル

ランペイジ 巨獣大乱闘の悪魔の毒々クチビルのレビュー・感想・評価

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)
4.5
「これはゴリラですか?」
「いいえ、ロック様です」

ドウェイン・ジョンソンことロック様が今度は巨大化した猛獣たちと激突!!
素晴らしかった!

何が良かったって、そりゃ後半街で暴れだした猛獣たちに全く怯まず向かっていくロック様よ。
こういうバカでかい奴らが相手の映画だと、大抵は軍隊がメインで相手してるイメージだけど、今作はそんなことございません。軍隊は前座です。

完全にモンスターと化したワニやオオカミに銃弾は勿論、グレネードやミサイルまでぶっこむロック様。
そうだ、俺はこれが観たかったんだ!

終盤、理性を取り戻した友人の巨大ゴリラとのWゴリラタッグバトルはめちゃくちゃ格好良かった。

ここまでロック様しか誉めてないけど、猛獣たちのCGはとても良く出来ていたので、ゴリラのジョージ君との友情にちゃんと説得力がありました。
それと、オープニングがSFホラーのラストシーンっぽくてちょっとにやけた。

ストーリーも寄り道なんぞせず、シンプルさを極めた展開の運びがgood!
こうでなくっちゃ。
ロック様ファンは絶対観よう!