シネマスナイパーF

ランペイジ 巨獣大乱闘のシネマスナイパーFのレビュー・感想・評価

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)
5.0
いやコレ面白いよ


序盤のメガネとヤングな男女が中盤以降全く絡まなくなるあたりとか、この映画、ご愛嬌だらけですよ
めっちゃ笑えるジョークとかあるのかと訊かれると正直微妙なジョークが微妙に多い程度だし

ただ、そうだからコレ駄目ですよって言いたくはない
緩いとこが多い映画が駄目なんじゃなくて、ツボを外してしまっている映画が駄目なんだよな
アップライジング聞いてるか〜?


お約束を守る、コレ大事
なんだ猫か…ん?いや、もしかしてコレは何かの予兆ウワァッ!とか
移動には車だけじゃダメだ、キーが必要だろ?とか
こういう所謂お約束を、ちゃんと守る
大事なんですよ

あとプロレスとして熱いんですよ
怪獣側に元味方キャラクターが居るってのが効いてるし、怪獣化していく前のドラマが良いので、終盤とにかく熱い
ロックとジョージとの友情の伏線の数々が意外と効いてる!コレも素晴らしい!アツイ!

見せ方の外連味も良く、水中ではなく倒れたビルのガラスの下から追いかけてくるワニとか中々フレッシュで良い良い
オオカミをバスに頭突っ込ませてたのも高ポイント

そして、筋肉アクションスター最前線、ドウェイン・ジョンソンが何故か怪獣達の中に突っ立っているっていう光景が、ファミリー映画として安心感を持たせる
様々な怪獣映画を思わせる合戦の中で、新世代無敵ヒーローの存在感を確かに感じ、胸熱…!


侮るなかれ
大味だけど正統派、爽やかな余韻を残す佳作!
オ・ス・ス・メ!!!!!