Hina

ランペイジ 巨獣大乱闘のHinaのレビュー・感想・評価

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)
2.9
宇宙ステーションから飛来した化学物質の作用で動物が巨大化&凶暴化。我らがドウェイン・ジョンソンが肉体を駆使して立ち向かう。
「大きいことはいいことだ」を地で行く、実にアメリカンなパニックムービー。登場する巨獣は、元は知性が高くジョンソンと心を通わせていたゴリラ、野生のオオカミとワニの計3頭。もっといろいろ出てくるかと思ってた。こいつらがデカくなって暴れ回るため、ジャンプで連載されていた『トリコ』のグルメ界そのまんま。
とにかくデカさと派手さが重視され、内容は薄っぺらい。そしてドウェイン・ジョンソン以外の登場人物に深みがない。特殊部隊はジュラシックワールド並みの噛ませ。序盤の学生と同僚はいい味出してたのに途中から出ないし、元凶の姉弟もあっけなく終わる。
いろんな映画を寄せ集めてすごいスケールにしたようなジャンクフード感。ジョンソンがコマンドーのメイトリックス並みにチートなので完全に娯楽に振り切ったネタ映画。めでたしめでたしな感じで終わるが、ゴリラが与えた大損害は消えてないぞ