あおい

ランペイジ 巨獣大乱闘のあおいのレビュー・感想・評価

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)
3.9
友情も巨大化する…

副題の通り、巨獣大乱闘!出てくる巨獣はゴリラ、オオカミ、ワニ、ほんでドウェイン・ジョンソンの愉快な4匹ですので、お忘れなく( ^ω^ )

◎ストーリー
動物のDNAを配合し、より凶暴にそして巨大になるウイルスを宇宙で秘密裏に開発する企業があった。しかしある日、ステーションにトラブルが起き、地球へ落下。DNAサンプルも同時に飛来する。その臭いを嗅ぎつけた獣が…

単なるアホ映画かなと思ってたけど、ゴリラ間の友情譚でした!プロットとしては「ジオストーム」の動物暴れまくり版みたいな感じです( ^ω^ )

相変わらずドウェインさんは、学者という。アメリカはゴリラでも学者になれるんか?といった感じで、序盤からおハゲ丸節炸裂!筋肉モリモリ、周りも森森で、「ジュマンジ」みてるみたいでした( ^ω^ )

まぁほのぼのゴリ吉くんたちが友情育んで、悪い企業の人たちが作った薬でだんだん凶暴化して、軍隊終わって、はいどうする!?もうこれだけなんですが、さすが大乱闘のシーンは迫力抜群!せっかくやからIMAXで観たけど、すげぇ楽しかった( ^ω^ )

ストーリーはほんまに勧善懲悪型の王道。前半が間延びしてたけど、敵はスカッとすぐに退場するし、気持ちいいくらい期待を裏切らない安定の展開でむしろ良かった。敵姉の退場は最高でしたな( ^ω^ )

しかも、無駄なラブ要素もなく、モブは割り切って途中から出てこやんくなるしで、ほんまに頭の整理がいらない映画です( ^ω^ )

前半「ジュマンジ」、後半「ゴジラ」な映画。もう爆発と瓦礫で何が起きてるかわからんし、そもそも人に混じって撃たれてもピンピンして、何回もヘリ操縦する巨獣がいるので、もはやファンタジーです( ^ω^ )

「キングコング」とかと同じ世界観かなとか思ってたんですけど、どうなんですかね?次のステイサムおハゲ丸国務長官が主演のサメ映画もはやく観たい!

2018年劇場鑑賞25作目(IMAX3D)