えし

ランペイジ 巨獣大乱闘のえしのレビュー・感想・評価

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)
4.0
おさる(ゴリラ)のジョージ。

宇宙での遺伝子操作実験の失敗により、地球(アメリカ)の生物が巨大化&凶暴化。
ゴリラ、狼、ワニが大暴れ。
ゴリラの世話をしていた動物学者のドウェインジョンソンも大暴れ。

ザ・ロック様がどんな大怪我を負っても御構いなしなのは、見てて満足感がある。
手垢のついた巨大な化け物が暴れ回るパニックムービーかと思いきや、化け物以上に化け物のドウェインジョンソンを愛でる映画でした。
ただただ楽しい。