骨法十か条

ランペイジ 巨獣大乱闘の骨法十か条のネタバレレビュー・内容・結末

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)
2.5

このレビューはネタバレを含みます

 悪い企業が開発した薬で動物が巨大化して巨獣よりも大暴れするドウェイン・ジョンソンの話。

 CGのキャラクターが大きいビル群の中を進んで大暴れする映像は楽しくて、そこの中をロック様ことドウェイン・ジョンソンのいかにもなロック様のキャラクターが笑えて見所でした。動物学者で元軍人で元密猟ハンターという凄い経歴の持ち主で結束バンドを簡単に引きちぎり、鍵のかかった扉を蹴破り、撃たれて退場したと思ったら何事もなく再登場して大してピンチにならないのが笑えました。

 ただ主人公の存在自体は面白いですが、話や巨獣の大暴れはアッサリしていてどんどんと進行して流れていくだけなので、面白さがあまり感じられなかったです。巨獣を追いかける一本道の話かと思いきや、ゴリラの哀しい過去を語ったり悪い企業の経営者たちの話があったり、どーんと登場した傭兵みたいなのがじっくりと描かれる割には簡単に退場したりして、そこまで時間をかける必要があるのかというエピソードがあって、100分の短い時間ですが、それでも退屈でした。

 巨獣の大暴れも引きの画でドッカンドッカンと見せるだけで、巨獣だろうがトランスフォーマーだろうが違いがわからず面白さがなかったです。映画だから仕方ないとはいえ、米軍の攻撃は大して効かないのに、鉄棒を簡単に突き刺せたりと巨獣の耐久力に疑問で楽しめなかったです。

 そしていくら主人公の友達だからとはいえ、ゴリラは今までの大暴れの責任とかは不問にされて笑顔で大団円というのも無茶苦茶な映画でした。