タミー

ランペイジ 巨獣大乱闘のタミーのレビュー・感想・評価

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)
3.7
モンスターユニバースを先取り!
めちゃ楽しいのだけど、ノリきれないところもあって。

この手の「動物と人間の絆が試される話」が大好きな人間としては、ジョージが目を覚ますあの流れに「ああ、科学ですね」と冷めてしまった。
そこは友情パワーで解決してほしかったよ。バカっぽいけど、そういうノリが許される映画だし、その方が気持ちいいじゃないか。

あと各所で人間を批判をするような話を入れておきながら、結局「人間と仲良くできない動物はぶっ殺す!」という展開になるのはどうなんだい。

自分と同じ違和感を覚えた人は「動物と人間の絆が試される話」の名作たちを楽しんでほしい。
有名どころでは「ジュラシック・ワールド」、「猿の惑星:創世記」。
隠れた名作では「ヒックとドラゴン」の1&2がオススメ(特に2がいいんだ)。