ランペイジ 巨獣大乱闘の作品情報・感想・評価

ランペイジ 巨獣大乱闘2018年製作の映画)

Rampage

上映日:2018年05月18日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。 しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃も…

ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。 しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。 怪獣たちの目的はいったいなんなのか?彼らはどこまでデカくなるのか? 人間は地上最強の生物となってしまった怪獣たちの大乱闘を止めることができるのか? 『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション!

「ランペイジ 巨獣大乱闘」に投稿された感想・評価

とも

ともの感想・評価

3.7
ジョージのジョークなどはセンスがあって面白かった。ドウェイン・ジョンソンかっこいい!やっぱり最強だった!
迫力もあり、見応え抜群だった。
ゴリラのユーモアのセンスがおかしい、という話。
ロック様の映画
sekshun

sekshunの感想・評価

3.8
手話ができるゴリラと英語が喋れるゴリラの2匹がハッスルしてた。アホ丸出しの日本のCMのイメージと違って、設定と話がしっかりとしてた印象。バトルシーンで物凄く感じるキングコングの二番煎じ感は否めないけど、後半の舞台が都会でビルとかぶっ壊しまくってくれて楽しかった。手話ができるゴリラがめっちゃ笑わしてくれるところが最高。おさるのジョージならぬゴリラのジョージ。英語が喋れるゴリラがめっちゃジョージ連呼するから、ずっとそれを思い浮かべてた。
Ririna

Ririnaの感想・評価

4.1
ドウェイン・ジョンソンが好きで借りた作品でしたが、
巨大化云々はさて置き、ジョージとの絆に私は涙してしまいました。。

猿の惑星でもジュラシックパークでもない動物を主体とした物語。
新しくて私は引き込まれましたし面白かったと思います。

しかしやはりドウェイン・ジョンソンの吹き替え声優と言えば、小山力也さんだと思うのは私だけでしょうか?笑
まあまあ楽しめた。思ったより薄味というか、もっと圧倒されたかった。
ぷろ

ぷろの感想・評価

2.4
1番スゲえはジョンソン◎
誰が強いのか選手権。めちゃくちゃ面白かったです。
エントリーしているのは、4体。
ドウェインジョンソン。おさるのジョージ。ワニ。オオカミ。
どれが一番強いのかな??って楽しく観れましたよ。
展開色々あって…

~中略~

胸熱ポイントに…。
ジョージが負傷して巨大ワニに追い詰められた時に、ドウェインジョンソンが「逃げろ!」と言い放った瞬間が胸熱で、泣きそうになりました。

強さ比較↓結局は、
負傷してもなかなか死なないドウェインジョンソン>ワニ>ジョージ>オオカミ
だったのです。
最終的には、人間界で3本の指に入る強さのドウェインジョンソンの勝ちでした。
>|