ランペイジ 巨獣大乱闘の作品情報・感想・評価

「ランペイジ 巨獣大乱闘」に投稿された感想・評価

「ジョーーージ!!!!」

がセリフの大半を占める、まさに
ジョージによるジョージのためのジョージな映画であった。

このジョージのユーモアセンスと、ゴリラであることを活かし、破壊と怪獣プロレスをしっかり見せてくれるところが本作の魅力。

そして、『センター・オブ・ジ・アース2』、『ジュマンジ』と、
"今最もジャングルが似合う男"、ドウェイン・ジョンソンが、遂に下等生物である人間に愛想を尽かし、ゴリラと手話で心を交わし、「友達に手を出すな!」と身体1つで大乱闘に参戦!巨獣じゃないのに!

出世作となった『ワイスピ』シリーズを除くと、ブラッド・ペイトン監督が1番、ロック様の魅せ方をわかっていると思う。

本作でも、元特殊部隊で霊長類学者で手話ができるという無茶苦茶な設定に、巨大怪獣とも正面からぶつけ合うことで、"ロック様無双"を1番堪能させてくれるのがこの監督。

その他、100分台の上映時間、雑だけど潔い悪役、怪獣然としたワニの造形など、
我々の求めているエンタメ要素をしっかり詰め込んだ、玉手箱のような傑作。

もっと言うと、『コンゴ』と『トランスフォーマー/ロストエイジ』を合わせて無駄を省いた、そんな印象。
映画館で観たかった
qoooko

qoookoの感想・評価

3.6
普通におもしろい。ちょいちょい笑える。ドウェインが最強過ぎる。ジョージかわいい。
ランペイジ巨獣大乱闘おもしろかった〜!!

あの巨獣達に混ざって闘えるロック様、彼も巨獣でした。←
ワニ登場のシーンはゴジラのテーマ付けても違和感ないと思う。但しビジュアルはモンハン寄り。

ラプトル手なずけるクリプラも最高なんだけど、ゴリラ×ロック様のバディも最高だったなぁ(b´͈ ᗜ `͈)
ジョージとロック様が助け合うシーンにジーンと来て、最後のジョージの下ネタ手話でホッコリできた。笑笑

実際でもロック様くらいになれば本間にゴリラと心通わせられそう(゚∀゚)
人間の命が一山ナンボで雑に失われていく戦闘シーンは満点だけど、ドラマ部分がダメすぎる。特に悪役姉弟の所は全部いらない。
迫力満点であった。
ドウェイ ン ジョンソンも混ざって お腹もいっぱいであった!
ゴリラとの 友情は 熱い。
ザ、ドウェイン・ジョンソンって映画。
ゴリラのキャラが良かった。
現実にあんなに意思疎通が出来たら可愛いだろうなぁ。
ドウェイン・ジョンソンが巨大化してたら、アベンジャーズ状態になってたのかな....
チャマ

チャマの感想・評価

3.1
良い意味で大作系。
後半の戦闘シーンは楽しかった。
もっと種類があって大乱闘のが作品の盛り上げに貢献したかも。
>|