ランペイジ 巨獣大乱闘の作品情報・感想・評価

ランペイジ 巨獣大乱闘2018年製作の映画)

Rampage

上映日:2018年05月18日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。 しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃も…

ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。 しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。 怪獣たちの目的はいったいなんなのか?彼らはどこまでデカくなるのか? 人間は地上最強の生物となってしまった怪獣たちの大乱闘を止めることができるのか? 『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション!

「ランペイジ 巨獣大乱闘」に投稿された感想・評価

「ジョーーージ!!!!」

がセリフの大半を占める、まさに
ジョージによるジョージのためのジョージな映画であった。

このジョージのユーモアセンスと、ゴリラであることを活かし、破壊と怪獣プロレスをしっかり見せてくれるところが本作の魅力。

そして、『センター・オブ・ジ・アース2』、『ジュマンジ』と、
"今最もジャングルが似合う男"、ドウェイン・ジョンソンが、遂に下等生物である人間に愛想を尽かし、ゴリラと手話で心を交わし、「友達に手を出すな!」と身体1つで大乱闘に参戦!巨獣じゃないのに!

出世作となった『ワイスピ』シリーズを除くと、ブラッド・ペイトン監督が1番、ロック様の魅せ方をわかっていると思う。

本作でも、元特殊部隊で霊長類学者で手話ができるという無茶苦茶な設定に、巨大怪獣とも正面からぶつけ合うことで、"ロック様無双"を1番堪能させてくれるのがこの監督。

その他、100分台の上映時間、雑だけど潔い悪役、怪獣然としたワニの造形など、
我々の求めているエンタメ要素をしっかり詰め込んだ、玉手箱のような傑作。

もっと言うと、『コンゴ』と『トランスフォーマー/ロストエイジ』を合わせて無駄を省いた、そんな印象。
キングコングが好きな人は絶対楽しめる

僕はキングコング微妙だったからこの映画も微妙…ってか普通でした(笑)

もう、THE想像通り!!ww

でかくなって、ロック様がそれを止める!!的な。
キングコングより良かったのが、今作は人間がちゃんと活躍してるって所かな

ただ、ツッコミどころがバーゲンセールのように出てくるのはしょうがないよねww

とりあえず、ロック様は急所以外だったら銃で撃たれても平気らしいです(爆笑)

映像の迫力はまぁまぁすごいので頭空っぽにして見れます

不覚にも、最後はちょっと好きでした

消化品映画。
Eiji

Eijiの感想・評価

3.2
ゴリラのジョージのギャグセンス
色々な映画が混ざったような笑
ドウェインジョンソン、最強すぎ

このレビューはネタバレを含みます

怪獣モノのアクション映画であるが、個人的には学者とジョージの種を越えた友情あるコミュニケーションを見るのが好きだった。ジョージ以上に進化を遂げた怪獣二体と戦うシーンは迫力がある!
ランペイジ 巨獣大乱闘(字幕)
配役:【★★★/3】
ストーリー:【★★★/3】
映像:【★★★/3】
演出:【★★★/3】
音楽:【★★★/3】
まみ

まみの感想・評価

4.0
面白かった!ジョージ!!!

大きな獣が襲ってくるから逃げよう、ってゆ映画だと思って見始めたけど、ストーリーもすごい良かった!
ジョージとの信頼関係とか胸アツ。

映画館で見たらもっと迫力すごかっただろうな。
でも飛行機でも十分楽しめた。
sue

sueの感想・評価

3.0
友達が髑髏島のキングコング勧めてくれたのに間違えてランペンージ見ちゃった。
ロック様が少し老けたけどやっぱりかっこいい。
オオカミ飛ぶのは反則だな。
この映画見るとシャバーニ見に行きたくなる。
機内鑑賞
ドウェインジョンソンに守られたい
ジョージかわいいい🦍❤️
>|