ランペイジ 巨獣大乱闘の作品情報・感想・評価

「ランペイジ 巨獣大乱闘」に投稿された感想・評価

あん

あんの感想・評価

3.6
巨大な生き物が大好きなのでそれだけで楽しかった! 何も考えずに迫力を満喫する映画。
でも、ジョージ(ゴリラ)の下ネタはいただけない。
あと、アーケードゲームがベースだとは知らなかった!
思ったより悪くなかった
デイビスとジョージが手話で会話してるのがすげーなって思った
ユーモア溢れる面白い作品だった。
ジョージとデイビスの絆が何と言っても良かった。
ただいつの間にか強くなったオオカミが死んでいてビックリした。
ニータ

ニータの感想・評価

3.5
いや〜ロック様は死なないね!

ジョージがカッコ良すぎやしないか?
しかも一頭だけ、デカくなっただけで外見的な遺伝子変化は皆無だし。
ワニのゴジラ感がすごい!

オオカミはまぁ…飛ぶよな!ww

見応えたっぷりの巨獣映画でした!
ジョーーーーーーージ!!!(´;ω;`)



ドウェインジョンソン色気ダダ漏れ過ぎだしかっこよすぎませんかねすき

エンターテイメントとして面白かった
とし

としの感想・評価

3.6
遺伝子実験の失敗からゴリラ、オオカミ、ワニが巨大化し暴れまわる怪獣映画みたいな感じだけどゴリラと仲良くしていた主人公が元に戻そうと奮闘する。こういうハチャメチャだけどスカッとする映画って良いな。善悪もハッキリしているしストーリーも複雑ではないので存分にアクションを楽しめる。
巨獣系はB級映画感がするイメージだかこれはBとは言い難い作品だった
流石にツッコミどころが多すぎると…。まぁ派手でいいんだけど。もう少しご都合主義がなんとかならんかったかなぁ。
nobuo

nobuoの感想・評価

4.0
ブラッドペイトン×ロック様のパニックアクション。同コンビの過去作「カリフォルニアダウン」が今一つだったので期待していなかったものの、こちら安心して楽しめる一本だった。

デカブツの巨大感表現の巧さ・引きの長回し多用という二点のおかげで、緊張感がありつつも楽しく見やすいアクションが堪能出来た。何というか、本作全編を通して「余計なことをしていない」感が好ましい。マイケルベイにもこのバランス感覚を移植したい。

そして「カリフォルニア〜」よりも更に超人度を増したロック様の無敵感は凄い。
銃撃を喰らった時は流石にどう切り抜けるのかハラハラしたが...「急所を外れた」の一言で傷を無効化。天晴。

巨大化したゴリラかつ本作の実質的ヒロイン・ジョージとの交流は微笑ましくて良いが、鎮静剤を飲ませる下りには納得いかず。
そもそもツッコミ所まみれの映画ではあるが、この点に関しては「(アレごと)丸呑み」をする保証がどれくらいあったのか?という引っ掛かりがノイズになった。

スコアとは無関係ながら、久々に「良い感じの若本規夫」が堪能出来た気がするで吹替ファンは必見。
この映画ってジェフリー・ディーン・モーガンのお茶目に嫉妬する映画でいいのかな??
>|