ランペイジ 巨獣大乱闘の作品情報・感想・評価

「ランペイジ 巨獣大乱闘」に投稿された感想・評価

妙にツボにはまった!

動物ナメンナヨ!
.
#映画備忘録 #20190324
#ランペイジ巨獣大乱闘
監督/ブラッド・ペイトン
脚本/ライアン・イングル
脚本/カールトン・キューズ
脚本/ライアン・J・コンダル
脚本/アダム・スティキエル
#Rampage
2018/アメリカ/107分
#Netflix #1日1本オススメ映画
#映画部 #映画好きな人と繋がりたい
.
YES!!!大味!!!バカ映画!!!!
ロック様が出てて、ジャケ写に
でっかいゴリラがいる時点で
そういう映画だと思って観ないとダメ。
.
とはいえ、お話は意外といい。
でっかいゴリラとちっちゃいゴリラの
友情物語。
パシフィック・リムと同じく
でっかいやつがでっかいやつと戦って
人間は足元にも及ばないってだけで
なんでこんなにも面白いのか。
キング・コングとかもそうよね。
.
ラスト3幕目の全員登場乱闘シーン
なんか、相手が爬虫類だから
なんかジュラシックパーク観てる
ような気分になって上がるし
「あの」ロック様が尻尾で
吹き飛ばされたりしてるしもう⤴︎︎⤴︎︎。
でっかい動物にはすぐやられるけど
対人間に対してはお腹撃たれたくらい
ではびくともしないロック様。
YES!!!ご都合主義!!!!!
撃たれたのに颯爽と帰ってきて
「急所を外れんだ!」なんて
言いながら普通に喧嘩に混ざる
ロック様見てると、銃って大した
発明じゃない気がしてくる不思議。
.
大味映画なんだけども
意外とストーリーはとっちらかず
混乱せずに最後まで見れる。
というかこの映画にストーリー性を
求める人はいるのだろうか。
.
ラッセル役のジェフリーさんが
いい味出てたね、あんな風に老けたい。
ロック様ルールがたくさん適用されてて安心して見れた!あと敵の女が狩野英孝にしか見えなくて苦しかった。
ヒーローは死なず。
siki1432

siki1432の感想・評価

5.0
ゴリラよりゴリラ
まこ

まこの感想・評価

3.5
ジョージのキャラが立ちすぎでしょ
LEE

LEEの感想・評価

4.1
ズバリ!愉快な映画


ストーリーは正直結構アラはあると思う
姉弟の電波塔におびき寄せる作戦はバカだと思うし、街の壊れ具合からして爆撃してもしなくても変わらないだろ……って感じだったりと見ていて気になる部分はあった
それとアラというよりは笑うところなんだけどどの動物よりもロック様の方がタフなのはおかしいだろ!!笑
でもモンスターが街をぶっ壊しまくる映画がつまらないわけないでしょ!
破壊描写とかモンスターバトルに一切遠慮なくやりたい放題やってくれるので見ていてすごい楽しい!
ベタかもしれないがロック様とジョージ(ゴリラ)の友情描写にもホッコリ(実際できるもんなのかは知らんけど
あと悪そうだけど悪くない奴も良かった(雑な説明



とにかく楽しみたい時にぴったりの一本!
オススメ!
おにく

おにくの感想・評価

5.0
とにかくCGのクオリティが高い 馬鹿にしてたけど面白かった 人死にすぎ
Mitu

Mituの感想・評価

3.5
ハイスペックゴリラ!!
「あの二頭を止めに行くぞ。」

1993年、クリスパーという新技術がゲノム編集による不治の病の治療に道を開きました。
2016年、その悪用を防ぐために、政府は大量破壊兵器と位置づけます。

アテナ1では、実験で問題が起きました。それは、被験体が逃げたというものです。
博士はステーションを脱出しようとしますが、被験体を回収しなくては、脱出させないと言われてしまいます。

ドウェインの出ている映画は、三流が多いという偏見で、敬遠してしまいます。

しかし、この映画のモンスターたちは迫力があって、スピード感もあるので面白かったです。

脚本はドウェイン映画にありがちな薄いものですが、筋肉と力でそこを補うという、これまたドウェイン映画らしく乗り越えていっている感じがしました。

日本のゴジラはドシンドシンと重みがありますが、こちらの巨大なモンスターは本当に早くよく動きます。

モンスター物を好きな方には良いのではないでしょうか。

前半はパニック映画にある周囲の動きが中心で少し飽きてしまいますが、都会にモンスターが出る後半は怒涛のアクションです。

「元のサイズには戻らない。
凶暴性が消えるだけ。」

…弾丸が急所を外れたからといって、動き回るドウェインがすごい。
>|