oldmanSEヨK

トレイン・ミッションのoldmanSEヨKのレビュー・感想・評価

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)
3.8
【ネタバレなし】
ニーソン主演の孤軍奮闘作品群を勝手に銘々!

『リアム・ニーソンの泣いてたまるかシリーズ!』
(元ネタは『渥美清の泣いてたまるか』です)

また、似たり寄ったりな感じなんだろうなぁ〜というつもりで見始めたんですが、そこは作る方もかなり工夫してて、仕掛けも複雑だったり変化球だったりで、結構楽しめました。
でも、案の定というか、ピンチのインフレがドンドン起こっていって、クライマックスのシーンではちょっとやり過ぎのデキ過ぎで、笑いそうになってしまった。

ただ、ラストの心理戦は見応えありました。

今作は、一応元刑事だけど保険の外交員(ランクは低め)で、ほぼ一般市民。
しかも、セガールの余裕で強い!と対象的で、ギリギリ、ボロボロ、加えて一番キツい周囲から怪しまられ、反感を買いまくる状況というのは、まだ空港保安官という地位があった『フライト・ゲーム』以上に孤立無援&四面楚歌の、ただの危ないオッサン(しかもデカいし)。

この“泣いてたまるかシリーズ”を続けてゆくには、回を追うごとに、身分設定の悲惨さを更新してゆくしかないんだろーなぁ〜と想像すると、最終的にどこまでゆくのか…密かな楽しみ方かもしれない。

謎の女のヴェラ・ファーミガが、怖くてちょっとエロくて魅力的でした。