トレイン・ミッションのネタバレレビュー・内容・結末

「トレイン・ミッション」に投稿されたネタバレ・内容・結末

いやー、面白い映画だったなぁ。

内容に入ろうと思います。
刑事から保険の販売員に転職したマイケル・マコーリーは、10年間、ほぼ変わらぬ通勤風景を見続けてきた。同じ朝、同じスケジュール、同じ人…。しかしその日は違った。上司に呼ばれると、いきなり解雇を突き付けられたのだ。成果が雇用条件に見合わないと厳しい通達。60歳のマイケルは、定年まであと5年なんだ、と粘るが、どうにもならない。
その帰りの車内でも、いつもと違うことが起こった。ジョアンナと名乗る女性がマイケルの向かいに座り、奇妙な話を始めるのだ。もしも、あなたにはまったく関係ないことで、しかしそれが誰かの人生に関わるようなことを誰かに頼まれたら、あなたは引き受ける?と。いつしか仮定の話ではなくなり、マイケルは突然、奇妙な人探しをさせられることになった。
探すのは、普段この電車では見かけない人。コールド・スプリング駅で降りる。通称“プリン”―。これだけの情報から、マイケルは人探しをしなければならなくなった。
やがて彼は知る。彼が、いかに危険なゲームに参加させられているのかを…。
というような話です。

ハリウッド映画、なのかどうかは分からないけど、ハリウッド映画みたいな、とにかくノンストップでストーリーを走らせる、息をつかせない作品だなと思いました。冒頭でジョアンナという謎の女から奇妙な依頼を受けてから、とにかく立て続けに色んなことが起こる。彼には、このミッションについて、本当に最小限の情報しか与えられていない。何のためにプリンを探すのかも分からないし、プリンに関して具体的な情報はほとんどない。何せ、男か女かさえ分からないのだ。彼の強みはただ一つ。10年間、同じ電車に乗り続けたことで、「いつもの通勤客」以外の人間に気付きやすい、ということだけだ。

マイケルは、うっかり弱みを見せてしまったがためにこのミッションに引きずり込まれることになってしまったのだけど、まあ確かに、もしかしたら僕も乗っかってしまうかもしれないなぁ、という気はする。もちろん、普通の状態であれば乗らないだろうけど、マイケルは会社を解雇され、それでも家族を養っていかなきゃいけないというプレッシャーがある。息子の大学のこともある。蓄えはゼロ。妻は一家の財政について危機感を持っていない。マイケルがなんとかするしかない状況だ。そんな中で提示された条件なら、手を出してしまう可能性もあるかもしれないと思う。

しかしまあ、そうやって手を出したミッションが、まさかこれほど根深いものだったとは、という感じでした。中盤から終盤に掛けて、「助かった!」と一旦ホッとする場面があるのだけど、実はまだそこからひと山待ち構えているという感じ。そして、「最終戦」はホントに、マイケルの日常をすべて打ち壊していくような、そんな残酷で無残な展開を見せることになる。

具体的に書けることが少ないので感想が難しいですけど、とにかく物語が動き始めてからはノンストップで進んでいく、エンタメ作品としては非常に面白い作品だと思いました。
リーアム・ニーソンもいよいよ、ブルース・ウィリス化してきたなぁと思う今日この頃。

この手の作品としては、なかなか面白かったです。
プリンという名前の謎の人物を探せ‼️
そのキーワードだけで、あーでもない、こーでもないって闘うニーソンにはワクワクしました。

オープニングとか中盤までは、ノンストップでグイグイくるので、変にアラ捜ししなければ面白い。

ただし、肝心のプリンが何者なのか、どうして探されているのかが判明した途端に。
え?
何でこんな事になってんの?
いやいや、FBIなら大切な証言者を列車になんか乗せないで、家まで迎えに行けよ。
で、確保しろよ。
とか、色々気になる部分が出てきます。

更にエンディング。事件の発端になった謎の女(ヴェラ・ファーミガ)を突き止め、ドヤ顔で警官バッジを見せつけるニーソン。

警官、いや。例え刑事だとしても、刑事如きに手に負える相手じゃなかろーに、、、。

あの終わり方だと、スカッと爽やかな逆転劇というより、ニーソン暗殺されなきゃいーんだけど、、、。
と心配になるエンディングに思えて心配に。

全然ハッピーエンドじゃないよーな。
サスペンスの展開もさながら、マイクが途中の駅で警官から身を隠し再び列車に戻るシーン、そして列車の脱線のシーンは特にハラハラさせられ、中弛みせず最後まで疾走感溢れる作品。
物語としては解雇されたマイクが大切な家族とどう向き合うのか期待していたので、結末には少し拍子抜け。あの時間で作品を綺麗に収めるにはああするしかなかっただろうけども。
個人的にはラストでのプリンを守ろうと乗客が協力し合う場面が印象深く、あの車掌さんもなんだかんだ憎めないよねっていう笑
冒頭のジャンプカットの切り刻み、すごいすき。


内容も分かりやすく、ラストはスッキリ。主人公的には、めでたしめでたし♪
私が観たサスペンス系の映画の中ではだけど、割と珍しいタイプかも。
ミッション8ミニッツのような閉鎖空間系。なぜかヴェラファミーガがここにも出てる。思えばリーアムニーソンは似たようなのばかり出てるな。作品自体は悪くないよ。誰が怪しいかは早々に察しがつくけど。。
後半まで良さげな雰囲気は出ていたけど、残り30分くらいがワチャワチャガチャガチャとし出して急に普通のアクション映画に成り下がってしまった感があった。
結局犯人総当りにすればそりゃ解決するよという力技。
もっとヒントから導き出す展開が欲しかった。
通勤電車の常連たちとの関わりがよき。
リーアムニーソン渋すぎ
無理やり感が強く、最後まで違和感を感じる映画でした。
犯人は他にもっと良い方法があっただろう、何故その行動をとった?など、、
しかし主人公と常連客との関わりや信頼がとても素敵でした。
フライトゲームの電車版!って感じでよかった
終盤“例のセリフ”で皆がハッとするシーン良かったし皆が次々プリンを名乗り出すシーン良かったね
ていうかあの外から電車内の人間の位置とかわかるハイテク装置なに?めっちゃすごい
エンドロールがオシャン
謎解きでも何でもない映画。

緻密に伏線が張り巡らせてあって、注意深く観れば分かるとかそういう類いではなく、突然実はこうでしたって言われても。。
この謎が解けるかというフリがある分余計残念。
犯人の頭が悪すぎる。そんなに簡単に人を殺せるなら、あの女の子を最初から殺せばいいのに。
>|