トレイン・ミッションの作品情報・感想・評価

トレイン・ミッション2018年製作の映画)

The Commuter

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:105分

3.6

あらすじ

10年間勤めてきた保険会社を、60歳で突如リストラされたマイケル。いつもの通勤電車で帰路につき、常連客に挨拶しながらも、頭の中は住宅ローンと息子の学費のことでいっぱいだ。そんな彼の前に見知らぬ女が座り、「乗客の中から、ある重要な荷物を持った人物を捜して欲しい」と持ちかける。ヒントは3つ。常連客ではなく、終着駅で降りる、プリンと名乗る乗客。高額な報酬に抗えず、元警官の経験を生かし捜し始めるが、次…

10年間勤めてきた保険会社を、60歳で突如リストラされたマイケル。いつもの通勤電車で帰路につき、常連客に挨拶しながらも、頭の中は住宅ローンと息子の学費のことでいっぱいだ。そんな彼の前に見知らぬ女が座り、「乗客の中から、ある重要な荷物を持った人物を捜して欲しい」と持ちかける。ヒントは3つ。常連客ではなく、終着駅で降りる、プリンと名乗る乗客。高額な報酬に抗えず、元警官の経験を生かし捜し始めるが、次から次へと襲いくる罠、深まる謎、さらには、妻と息子が人質に取られたことを知る。やがて、プリンが国家をも揺るがす重大事件の目撃者であることを突き止め、ようやく6人にまで絞り込んだ時、巧妙に仕組まれていた恐るべき陰謀が明かされる。

「トレイン・ミッション」に投稿された感想・評価

 いくつかの予想外の仕掛け、裏切りなどが交錯し、ラストまでハラハラしっぱなしでした

 原題は「the commuter」
通勤者という色気もなんもないタイトル
 日本のような悲惨な満員電車ではなく、顔見知りの人たちがいて、座れて、ゆっくり本を読めたりする通勤電車です。(帰りも定時で同じ顔ぶれというのもワークライフバランスなかんじ)

 昨年大ヒットした韓国映画「新感染」のように、ほぼ電車内で展開します。しかしこちらは通勤電車なのでスピードもそこそこ(笑)

しかしそこは我らが? リーアムニーソン

住宅ローンや子供の学費を抱えた失業者の悲哀を背負いつつも、大立回りをやります。

先日みた韓国映画の「殺人者の記憶法」では、認知症のシニアがアクションをこなしてましたが、

アクションやサスペンスジャンルにも高齢化の波が押し寄せているのでしょうか

最後の最後までびっくりさせられます。デートムービーにもおすすめ
雪

雪の感想・評価

3.6
面白かった!!(・∀・)
まさかあいつが裏切り者とは(。-∀-)
nankyoku

nankyokuの感想・評価

3.0
10回の連ドラを続けて見たような感じ。
淡々と話が進む。派手ではないけど続きが気になる。最終回はちゃんと30分延長してくれてる、そんな感じ。
これはこれでおもしろかった。

盛り上がりはないけど、ゆっくりしたい夜に。
sumiyan

sumiyanの感想・評価

3.5
ずっと気になってたのに流し見してしまったの後悔。
kaz

kazの感想・評価

3.0
ジャウム・コレット=セラ監督とリーアム・ニーソンがタッグを組んだ4作目の作品。オトンと鑑賞。

そんな、リーアム親父が大好きのジャウム・コレット=セラ監督。定期的にリーアム親父を撮りたくなるのだろう(憶測)。

で、だ。

詳しくは宇多丸師匠の評論を聴くのがよいが、とりあえずジャンル映画だ。

それ以上でもそれ以下でもない。

観ている間は楽しく、観終わって3日後には内容を忘れ始める、そんな作品だ。

だからと言って、観る価値がないかと言えば、そんな事もなく、それなりに楽しい。

ただ、宇多丸師匠も言っていたが、

・謎解きの後が長い。くどい。
・上映時間は105分だが、30分は長い。

これは、本当。

でも、きっちり面白い。

星は3.4くらい。


あと、リーアム親父主演は、条件反射的に観たくなる。
こいつ出てるのだいたいおもろい
ちろ

ちろの感想・評価

3.8
楽しかった。
今回は孤独じゃなくてよかったな、クライマックスで少しじーんとする。
ただ毎日電車で乗り合わせるだけの仲、たまたま今回乗り合わせただけの人間たち、そんな些細な仲でも相手の人柄はわかる。守るべき対象はわかる。越えてはいけない所はある。
みっともなく震えていたとしても、最大限怯えていたとしても行動を起こせる人はいる。
ふじた

ふじたの感想・評価

3.8
おもしろい!
KAI

KAIの感想・評価

3.7
過去に主演していた「フライトプラン」と同じのような気がした。
飛行機から列車に変わっただけだと感じたけど、緊迫感が伝わってきて見てるこっちもハラハラした。
>|