トレイン・ミッションの作品情報・感想・評価

「トレイン・ミッション」に投稿された感想・評価

ひとたび囚われれば、
安定の波乱万丈、
それがリーアム・ニーソン。
never1号

never1号の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

とても安定感がある。
この監督とリーアム・ニーソンは1年に1回はこのノリで作ってもらったらそれで充分だと思う。

個人的にはランオールナイトが好きだけど、
やっぱりフライトゲームの安定感が変わらずあって良き。

あとスペイン語話す人観たことあると思ったら、ヒドゥンフェイスに出てたあの人だった!!
hiro

hiroの感想・評価

3.6
リーアム・ニーソンが渋い‼︎テンポも良くてなかなか面白かった(*^ω^*)☆♪
shinpei

shinpeiの感想・評価

3.9
ストーリー展開のテンポ良く最後まで楽しめもした。
とがり

とがりの感想・評価

3.5
多少強引な展開が無くはないものの、全く堅気のサラリーマンには見えないリーアム・ニーソンがあれこれするだけで楽しいシチュエーションスリラーの良作。

20年同じ電車で通勤するマイケルに降りかかった突然のクビ宣告。息子の大学費用と住宅ローンで貯金は無い上に退職金ももらえない。仕方なく家に帰ろうといつもの電車に乗った彼に、謎の女が10万ドルの報酬と引き換えに乗客の中からある人物を見つけてほしいと依頼してくる…

脚本がしっかりスリラーしているので、安心(?)して観ることができる。
疲れた1日の終わりに面白い映画を観て寝よう、というときにピッタリの映画。

アメリカの通勤電車は座れていいなあ!
リーアム・兄やん 主演 !!!
『トレイン・ミッション 』
原題:The Commuter. (通勤者)
邦題、わかりやすい!猿でもわかる!

兄やん!今度は電車だッ( ゚Д゚)ノ!!

ようは、セガールで言えば・・・
『暴走特急』ですよね ( ・∀・) タブン


ローンの返済や息子の学費で(;´Д`)ウーンな主人公マイケル(リーアム兄やん)は、10年間勤めていた保険会社を突然解雇される(;´Д`)ドウシヨー。
そんなしょんぼり(;´Д`)ハァーなマイケルは、いつもの電車で帰宅途中に謎の女から3つのヒントを頼りに乗客の中から大切な荷物を持った人物を捜し出せば10万ドルを支払うという「トレイン・ミッション」を持ち掛けられ、お金に困ったマイケルはこのチャレンジを受けてしまい、エラいこと巻き込まれて困ったなー(;´Д`)ウーンという…巻き込まれ型サスペンス☆

どんマイケルッ( ・∀・)ノ!なお話です。

ジャウム・コレット=セラ監督による・・・
困った顔 (;´Д`) をしたリーアム兄やんが右往左往する映画に間違いはない!絶対楽しい♪
↑俺たちの観たいリーアム兄やん☆


お話的に…“陰謀”やら“大物の黒幕”が何なのかよくわからないし、呑み込みづらいところや突っ込みどころ満載でとにかく雑なんですが、これがしっかりと面白い!!

映像はかなり楽しませてくれました♪
冒頭の時が流れていく映像は面白いし、中盤のギター男との格闘アクションシーンは100点満点!の素晴らしい映像を見せてくれるし、終盤の迫力の列車暴走シーンの映像はジャンルのシフトチェンジが嬉しかったりと、見終わった後の満足は高い(*゚∀゚)=3 フンガー!


『ランペイジ』でドウェイン・ジョンソンが動物学者だが元特殊部隊という逆に納得できる設定だったように、今回のリーアム兄やんは保険会社の会社員だが、ちゃんと元警官という「そうこなくっちゃー(°∀°)♪」という観客全員納得の嬉しい設定だったり・・・。

ヴェラ・ファーミガとパトリック・ウィルソンは、以前ふたりで悪霊退治しているところを私は見かけたことがあるので「どうせグルなんでしょ( ´_ゝ`)アンタラ…」と早い段階で思ってしまったり・・・。

「私がプリンです( ゚д゚)ノ」・・・
「いや!俺がプリンだ( ゚Д゚)ノ!」
「いや!私がプリンよ( -_-)ノ!」
と次々に乗客が手を上げて名乗り出るシーンに胸が熱くなるんですが、同時にダチョウ倶楽部的なオチを期待してしまったり・・・。
(それはない )

と色々と楽しい作品でしたねー♪♪♪

ジャウム・コレット=セラ監督とリーアム兄やんコンビで「飛行機」「列車」と来たので・・・やっぱり次は「船?」「戦艦?!」兄やんが船内コック役だったりするのかなぁー(*´∀`)♪と今後の作品も楽しみです!!


おしまい。
oji

ojiの感想・評価

3.5
迫力はあるが全体的に薄い感じが…
>|