トレイン・ミッションの作品情報・感想・評価

「トレイン・ミッション」に投稿された感想・評価

iceblue

iceblueの感想・評価

3.7
何だか忙しいことが多すぎて映画を観る時間がなかなかとれない…
マイペースですがレビューはゆっくり読んでます。反応が遅くてごめんなさい😅
…と頭がパンパンの時はこんな映画がいい。私には色んな映画が必要。
     
通勤中の読書は文芸作。そんな(お年を召した)リーアム兄さんを邪魔するミステリアスな美女。
相変わらず乗り物運がない。これでもかと痛い目に遭うので、車両をうろうろする姿が次第にボロボロに…。ちょっと!かなり目立ってますよ。
それにしても出来すぎたタイミングで指示してくる黒幕。そんなに手回しできるならもう自分で探したら(笑)
     
後半は最近観た『大陸横断超特急』によく似ててテンション上がりました。
あっちはコメディのハラハラ、こっちは命懸けのハラハラ。そういえばリーアムも『戻ってきた』!そもそも美女と関わって事件に巻きこまれるし、アイデアを使っているのかも。
     
今どき切符にハサミを入れるスタイルが懐かしい。それがまたあとから効いてくる。
この電車、途中ヤンキースタジアムの駅を通りました。NYに行ったら寄ってみたい所です😊
Joe

Joeの感想・評価

2.5
リーアムニーソンじゃなかったら途中で観るの絶対やめてる

黒幕が誰か最後まで分からないのは面白いけど

それにしても設定酷すぎ、こういう映画は暫く観たくない
謎の女性に吹っ掛けられた人捜しよりも、元警官が何を間違って保険のセールスマンに……という方が謎の度合いが高い気がするのはワタシだけですかそうですか。
面白かったんだけど、ドキドキできたけど、何か足りない……と感じるのは、根本の部分のインパクトが弱かったせいかも。リーアム・ニーソン色はとっても堪能できたけど。
記録
リーアム・ニーソン老いたせいかアクションにキレがない

このレビューはネタバレを含みます

観ながら自分もPrynneを探していたけど、見つけられなくて、最後の座席トリックはやられたーってなった!発想の元はまさにトロッコ問題で映画作る人って膨らす力がすごいなって思った。
リーアムニーソンの格闘はガタイのいいやつは強いをまさに表してていいなと思いました。親友を最後ターゲットとして排除した理由が分からない自分にスコア2.5。アディオス
この監督とリーアムニーソンのタッグ外れない!
銀行に行って住宅ローンの返済期限を延ばしてもらわないと息子の学費が払えないリーアムニーソン。が、それどころではなくなる。会社をクビになった事もすっかり忘れてハードなアクション。謎はある時点で滔々と語られるがそこからどうやって収めるのかリーアムニーソン。その後の生活も心配なリーアムニーソンだが…良かった。
「裏切り」


『シンドラーのリスト』ほど善人でもない
『96時間』ほど完全無欠でもない
もっともっも庶民的で泥臭くややもすれば金になびいてしまう
しかし『クレイ』ほどの諦めない芯の強さのある作品でした。
2018年の鑑賞作品の整理として。

ジャンル映画、リーアム・ニーソン映画として、十分に満足の行く1本。
まあ、そこそこツッコミどころは、満載でいしたが。

2018年に劇場で観た映画の中で113位(152本中)です。

(2018/04/05 小倉コロナシネマワールド 2D 字幕)
>|