singer

坂道のアポロンのsingerのレビュー・感想・評価

坂道のアポロン(2017年製作の映画)
3.5
飛び抜けて素晴らしいとまでは言えないものの、
心にしっかりと伝わるものが残る良作だったと思います。

ただ、やっぱり漫画原作物の宿命なのか、
後半のストーリー展開が急激過ぎて、クライマックスの感動は希薄になってしまっていのが残念でした。
個人的には、前後編で2作品分くらい、時間を掛けてじっくり描いていたら、
もっともっと大きな感動があったんじゃないかなと思います。

三木孝浩監督と小松菜奈というと、
「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」が、個人的にもお気に入りで、
今作も半分くらいは小松菜奈が見たくて鑑賞しました。
「ぼくは明日〜」ほどに、魅力爆発な感じでは無かったですが、
ストーリーにそっと寄り添いつつも、素敵な存在感を放っていたと思います。
特に印象に残ったのは、ラストシーン。
最後の最後で、彼女の存在を象徴するシーンがあって、
その一瞬だけでも、見る価値はあったと思うし、
彼女の良さを、今回も三木監督が上手く引き出していたなぁと思いました。

三木監督というと、「ぼくは明日〜」でも実感した部分なのですが、過程の描写がとても上手いなぁと。
今作も主人公二人の友情が育っていく部分をしっかりと丁寧に描いている所は好感が持てたし、
ラストシーンに向かって、その架け橋になる部分までは順調に進んでいたのですが、
今作は最後だけ、少し不満が残ってしまったのが非常に惜しかったですね。