坂道のアポロンの作品情報・感想・評価

坂道のアポロン2017年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「坂道のアポロン」に投稿された感想・評価

erika

erikaの感想・評価

3.5
友人と劇場で鑑賞しました。
良くも悪くも雰囲気映画。
雰囲気はこの手の映画にしてはかなりよくて、私も好きでしたが、雰囲気で誤魔化している様なところもあったように思います。
特に構成が甘過ぎると感じました。もっと要らないシーンを削ったり、意味のあるシーンを増やしたりした方が良いなぁとおもいます。途中で間延びしてる気がしました。ディーンが出てるシーンとかよくわからんなぁと思いました笑笑
あと、ラスト盛り上がりにかける気がしました。

若手俳優陣の演技もなかなかよく、それだけに構成脚本もっと力いれるべきかと思います。
yumeno

yumenoの感想・評価

3.8
原作の最初のほうちらっと読んで気になったので見てみました!
千太郎と律ちゃんイメージ通りすぎた
セッションのシーン、曲はもちろん映像もめちゃめちゃ綺麗で鳥肌がたった…!
本当に演奏してるのかなあ、代役の演奏家の方が演奏していたとしても切り替わりが自然すぎてとっても見やすい。すごい。
my favorite thingsも好きだから嬉しかったな。
原作を読み進めるのもより楽しみになりました!
ジャズで繋がった友情と恋の話。
登場人物の気持ちが坂道の描写で読み取れるシーンが良かった。
とりあえず小松菜奈かわいすぎ笑
鑑賞日不明
ヴレア

ヴレアの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

友情を確かめ合うのに言葉なんていらない、音楽さえあれば。
愛する気持ちを伝えるのに言葉なんていらない、音楽があればいい。
そんな感じで、音楽の素晴らしさは感じられたが、ストーリーに少々深みが足りなかったかな。
この監督はクライマックスに悲劇的感動展開を入れないと気が済まないようで、そこがちょっとベタに感じられたのでマイナス。
でもね、それがラストに対する壮大な伏線になっているんならいいよ?
あれだけの舞台を用意して最後、小松菜奈に歌わせないってどういうこと?絶対盛り上がるだろうに。勿体無い。
AKI

AKIの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

相変わらず中川大志さんはカッコイイな~。

真野恵里菜さんがかわいすぎる。流石です。

複雑な五角関係。

ドラムを演奏している中川大志さんもカッコイイな~。

妊婦姿の真野恵里菜さんも素敵です。

神父姿の中川大志さんもカッコイイな~。

なんと!!!!!!! 主題歌は小田和正さんの【坂道を上って】だったんだね。
YTcrow

YTcrowの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

親戚が住む長崎県佐世保市のとある町へと越してきた、高校1年生の西見薫(知念侑李)。周囲に心を開かずにいたが、ひょんなことから同級生で町のレコード屋の娘・迎律子(小松菜奈)と、素行の悪さで有名な川渕千太郎(中川大志)と言葉を交わすようになる。律子に恋心を抱き、千太郎と固い絆を育む薫。充実した日々を過ごす中、薫は千太郎を通じてジャズと出会い、その魅力に取りつかれ……。

もっと激しいjazzをイメージしてしまっていたからか少々物足りなさを感じてしまった。
mizuki

mizukiの感想・評価

4.5
ジャズと青春最高〜!
学園祭でのセッションのシーンは堪らなく胸が踊る!!
ノスタルジックな雰囲気で、こーゆー映画は私の好み。笑
ロケ地も巡れて良かった。
>|