テイアム

リングのテイアムのレビュー・感想・評価

リング(1998年製作の映画)
3.7
世界的にも名を馳せた和製ホラーの先駆的作品の1つ。
若い頃に地上波で、そしてまた再見しました。

呪いという概念や、またそれがビデオ映像として実体化するという現代的発想は当時としても珍しく、貞子の存在とその呪いに振り回される人間たちの足掻きとも言えるドラマは、緊張感を緩ませる暇もなく、我々を容赦なく井戸の底にまで引き摺り込んでいきます。

貞子は物語の最後まで姿を見せなかったにも関わらず、始まりからその存在感を強力に顕示し続け、そして物語の中心に居座って我々の恐怖心を煽り、彼女は一過性の話題には留まらず鮮烈な印象を残しました。
白い衣装に白い肌、黒くて長い髪、そして呪いの概念。これら貞子の造形は日本人が持つ土着の宗教観念と畏怖の対象にうまく溶け合い、物語が終わった後もなお私達の恐怖心に植え付けられたトラウマとして生き続け、彼女はこのデビュー作によってJホラーにおけるアイコンとなったのです。

初見では恐怖でしかなかった本作も、その後『らせん』や『リング2』『リング0』(貞子3Dは除く)を幾つか観て貞子のバックボーンを知った上でこの作品に戻ると、物語の裏に漂う貞子の悲哀が強く加味され、リングは1人の女性が抱えた悲しみの物語に変わっていきます。

人間、特に日本人の生理的に不快なポイントを鋭く刺す恐怖演出もさることながら、オトナの人間ドラマとしても飽きない和製ホラーの傑作と、私は思っています。

演技の出来る俳優を選んで出演させているところにも好感を持った。

やっぱり真田さんは世界の人だ。