やし

リングのやしのレビュー・感想・評価

リング(1998年製作の映画)
-
【あの日の思い出レビュー】


はじめに。

この映画、ちゃんと観ていません。


映画は好きだけど怖いのは基本NGだからです。
ホントにNGなんです。
でも、レビューするってことは少しは観たのです。

このレビューは勇気を振り絞って得た光り輝く"少し"を元にしています。



冒頭、部屋でTVのナイター中継を見ている女性二人から始まる。
(うち一人はブレイク前の竹内結子)

その二人の会話は、
ある男の子がテレビに映った女の人から一週間後に死ぬと言われ、すぐあとに妙な電話もかかってきて、そのあと本当に一週間後亡くなったという噂話から始まり、

「私も変なビデオを見ちゃって、そのあと変な電話がかかってきたんだ。
あれから今日で一週間なの…」
「……」
「……」
「……」
「それ…、私を驚かせようとしているんでしょ?」
「……」
「…わかった?」
「もう〜っ!」
「ダマされた〜ww」

プルルルル!!(突然鳴り出す電話)
「!!!」



…この直後、恐怖に耐えかねたぼくは静かにビデオテープを取り出したのでした。

なぜこのようなことが起きたのか、映画製作者の演出の巧みさか、観客(ぼく)の想像力の豊かさか、

それは永遠の謎です。