ボンジュール、アンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ボンジュール、アン2016年製作の映画)

Paris Can Wait

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

アン(レイン)は人生の岐路に立っている。長年連れ添った映画プロデューサーの夫マイケル(アレック・ボールドウィン)は、成功を収めているが妻には無頓着。ある日、夫の仕事仲間のジャック(アルノー・ヴィアール)と共に、カンヌからパリへ車で向かうことになる。ただの7時間のドライブのはずが、美しい景色、おいしい食事とワイン、ユーモアと機知に富んだ新たな発見の旅となり始める。

「ボンジュール、アン」に投稿された感想・評価

mimo

mimoの感想・評価

3.8
フランス人、ほんとにあんな感じなのか?
バラの花で後部座席を埋め尽くしたり、
ブリュレ、、
すぐにニックネーム付けて呼んだり、
ピクニックセットの準備、
花束とチョコレートの贈り物、
普通のおじさんだけど、すてきに思えてくる
いつかこんなゆとりのある1日を過ごせる大人になりたいなぁと画面を観ながら憧れる。 舞台はフランス。 人生を謳歌してる感がムンムン。
カンヌからパリまで旅行雑誌を切り取った様な素敵な風景、美味しそうな料理、ワインにチーズ、粋な会話。 そしてダイアン・レインの美しさがあってこその映画で魅力あった。
フランス男は小粋な事するわと思いながらも心地良い、大人のアメリカ人女子と大人のフランス男のロードムービー。
フランシス・フォード・コッポラの妻、エレノア・コッポラが80歳にして初めて長編劇映画の監督・脚本を手掛け、自身の体験をもとに描いたロードムービー。 80歳にして初というのがバイタリティあって凄いけど(冥土の土産?)、エレノアさんはずっと撮りたかったのかな。
青由美

青由美の感想・評価

3.0
うーん…。起伏の少ない映画だろうとは思ってたけど、ちょっと退屈になっちゃいました。起伏がなくても面白い映画ありますが、私には合わなかった。寄り道オタクの友人がアレックボールドウィンの方だったらよかったな~。単にちょっと好きなだけですけど。ダイアンレイン、こんな歳の重ね方、うらやましい限りです。
kanana

kananaの感想・評価

3.8
花の香りが素敵なのはフランスだから。
フランスってそれほど魅力的な国なんだと思う。ずるい。
あんなにチーズとデザート並べてくれたら結婚する。けど、あんなに寄り道されたらイライラするかも。
フランス人は人生の本当の喜びや幸せ、時間の使い方を知ってるんだろうな。
ピクニックが素敵だった。
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.1
いやはや ゲスを極めた行いの数々も それがフランス男だっつーだけで オッシャレ〜になっちまうのは どーゆーコトだ?
バラを後部座席に積んどきゃ不倫もOKなんか?
ワインの御託並べりゃ夜這いも問題無しかよ?
そこんトコどーなの 文春さん?

まぁ あの仕事キ○ガイのダンナと比べりゃ こーゆー時間も 人生の忘れ物探しみたいで 心の整理には効果的なのかもしんないけど いかんせんラストシーンの あの謎めいた表情
"一線"のどちら側からの"微笑み"なのか…?

もう こりゃ深層願望の心理テストのようで カミさんとは決して観たくないね…
その後の議論がコエーから!

しかし ダイアン・レインの色気とオーラのバランスが素晴らしい 惹かれても魅せられても 隙があるようなのに鉄格子があるような…うーん 見事な歳の重ね方!
有名プロデューサーの夫と共にカンヌ映画祭にやってきたアン。

耳の痛みで飛行機に乗ることを断念。

夫の仕事仲間のフランス人男性ジャックの車に同乗させてもらう。

その道中を描く、ロードムービー。

ワインとチーズ。
素敵な寄り道。
Hitomi

Hitomiの感想・評価

4.7
楽しかった!
あんなかわいくてすてきなおじさんになら振り回されてみたいかも♡
UMIUMI

UMIUMIの感想・評価

3.5
終始ニコニコしながら観れた。気取ったフランス人、人生の楽しみ方知ってて素敵だった。彼がアメリカ人の女性に、「アメリカ人はなんでもデータで示したがるが、自分がどう思うかが大切なんじゃない?好きなの?嫌いなの?」と言ってるシーンが印象的だった。文化の国フランス、近いうちに行きたくなった。
とまこ

とまこの感想・評価

3.3
わたしも振り回されて旅したい〜
ラストのアンの表情にどきっとした

フランス男って粋だなあ
結婚はしたくないけど恋してみたい
えみ

えみの感想・評価

3.5
ソフィアコッポラのお母さんの作品でPhoenixかかるの最高の演出!