ボンジュール、アンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ボンジュール、アン2016年製作の映画)

Paris Can Wait

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

アン(レイン)は人生の岐路に立っている。長年連れ添った映画プロデューサーの夫マイケル(アレック・ボールドウィン)は、成功を収めているが妻には無頓着。ある日、夫の仕事仲間のジャック(アルノー・ヴィアール)と共に、カンヌからパリへ車で向かうことになる。ただの7時間のドライブのはずが、美しい景色、おいしい食事とワイン、ユーモアと機知に富んだ新たな発見の旅となり始める。

「ボンジュール、アン」に投稿された感想・評価

フランス文化にかぶれ、フランス語を学んでいるので観てみた。フランシス・フォード・コッポラの奥さんが日ごろの鬱憤をはらすべくつくった映画。パリになかなかつかない。フランス人ってみんなこうなら素敵。
mami

mamiの感想・評価

4.0
綺麗な景色と美味しそうなご飯、こんな旅出来たら幸せだろうな♪
ボンジュール・アン
くつろぎながら観れる映画、カンヌからパリまでドライブする中でフランスの名所旧跡を巡ったり、レストランで食事したり。最後は何となくきれいに纏まったかなと言う印象。
Delpy

Delpyの感想・評価

3.7
フランシス・コッポラの妻であり、ソフィア・コッポラの母であるエレノア・コッポラ監督作品。
コッポラ作品がルミネであれば、エレノア作品は髙島屋。もうおせんべ食べながらずっと観てたい。
Yuuki

Yuukiの感想・評価

4.0
世の中年女性の妄想の映像化。
良い夢見させていただきました。
まさに現実逃避の映画です。
そして私もいつかはあんなブランドに身を固めた上品女性がプロヴァンスからパリに旅をする、という夢のような話を実現したい!という原動力をいただきました。
#19

ダイアンレイン綺麗!
フランスの観光ガイド的な映画。美食に、すてきな音楽。
それに、ライカcで撮った写真。
こういう映画は観ていて全く飽きが来ません〜!
フランスは旅も男(おじさん)も良いわ〜的な。流れが掴めないロマンスに次第に楽しい感じに。
ダイアンレインは好きだけど…、感情移入できないな〜良くわからん。
hf

hfの感想・評価

-
コッポラ、カンヌ〜パリ、おいしいワインと食事…のワードに惹かれて鑑賞……素敵でした!!
ゆ

ゆの感想・評価

3.0
南フランスのロードムービー。
アンが撮る写真が面白くて良い。本編最後の表情が良かった。
カンヌからパリまで車で連れてってくれていろんな場所で美味しいワイン飲ませてくれるて美味しいご飯を食べさせてくれる旅行なんて本当に最高だろうな。
エレノアコッポラさんでさえ80才になって映画にしようと思ったくらい素敵な体験だったのかな。