ボンジュール、アンの作品情報・感想・評価 - 28ページ目

ボンジュール、アン2016年製作の映画)

Paris Can Wait

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

アン(レイン)は人生の岐路に立っている。長年連れ添った映画プロデューサーの夫マイケル(アレック・ボールドウィン)は、成功を収めているが妻には無頓着。ある日、夫の仕事仲間のジャック(アルノー・ヴィアール)と共に、カンヌからパリへ車で向かうことになる。ただの7時間のドライブのはずが、美しい景色、おいしい食事とワイン、ユーモアと機知に富んだ新たな発見の旅となり始める。

「ボンジュール、アン」に投稿された感想・評価

小夜子

小夜子の感想・評価

2.7
未知の世界を知ることって、いくつになってもトキめくよね、という大人のための青春映画でした。パリへの寄り道ドライブは、美食家のフランス人と一緒なら、さぞかし楽しいでしょうね〜。

ただ、それだけでは10代や20代のそれとなにも変わらない。80歳ならではの視点や深みが欲しかったなぁ
Kazuma

Kazumaの感想・評価

2.8
品の良いロードムービー。
『トスカーナの休日』をやんわりと思い出した。
人生の区切りを迎えようとしている女性が旅を通して、自分を見つめ直すユーモアたっぷりのロードムービー。
フランシス・フォード・コッポラの奥さまであり、ソフィア・コッポラの母である、エレノア・コッポラの長編劇映画デビュー作品

アンのひとり旅かと想像していたのですが、全然ちがいました (・_・)
ひとりでいいんじゃないの?? といいたいとこですが、
エレノア監督自身の体験に基づいて描かれているようなので…。

アンの表情がとにかく多彩でダイアン・レインの魅力いっぱいの映画。
終わり方も良かったです。

女性の方々のレビュー・コメントを見てみたいなとおもう映画でもありました(笑)

アレック・ボールドウィンは一時期よりは痩せましたが、、
いや~太りましたねー 

舞台挨拶でのダイアン・レイン御本人もホントに美しく✨😲
深みのある女性を感じました。
とえ

とえの感想・評価

4.0
映画プロデューサーの妻アンがカンヌからパリへ自動車旅行をすることになり、その間、寄り道をしながら、新たな自分を発見していく話。

合理的で計画的なアメリカ人のアンとノープランで愉快なラテン系のフランシス人ジャックを対比させつつ「人生の楽しさ」について考えさせる

これは、80歳にして初の長編監督作となったエレノアから、世の忙しい人々に対し「たまには時間を忘れて寄り道しても良いんじゃない??」というメッセージに聴こえる

さて、私は人生を楽しんでるかな
もっと楽しいことをしなきゃね
フランシス・フォード・コッポラの妻で、ドキュメンタリー監督として「ハート・オブ・ダークネス/コッポラの黙示録」という素晴らしい作品もあるエレノア・コッポラが80歳にして初の長編劇場映画監督を務めた本作には、人生の機微や生きる上でのヒントがユーモアやエスプリを交えて描かれている。
有名な映画プロデューサーを夫に持つアンは、ある事情で仕事に追われる夫と離れ、夫の仕事仲間のフランス人男性ジャックと共に車でカンヌからパリへ向かうことになる。
時間にして7時間のドライブの筈が、ジャックの誘いで思わぬ“道草”をしていく。
この作品はアンとジャックによるロードムービーなのだが、そのドライブで登場する所はフランスのツアーガイドブックにも掲載されているとはいえ、ジャックによる“一味違う”名所巡り。
そして食通でもあるジャックは、実在する様々な人気のレストランや有名店にアンをエスコートしていく。
そこで供される料理が見た目からして美味しそうで、流石、世界三大料理の一つだと思う。
また、フランスは美食の国であるのと同時に芸術の国でもある。
写真撮影が趣味のアンによって写しとられたものには、美味しそうな料理やワイン以外にも、アートの一端が切り取られていて感性が刺激されてしまう。
アンらと共に観客もフランスのショートトリップを味わえる本作は、仕事ばかりの夫を持ち、子育てを卒業した女性が今までの自分を振り返り、そしてこれからの人生を前向きに考える“人生の道草”を描いた映画だと思う。
アンを演じるダイアン・レインは50歳を過ぎたが、年を経るごとの美しさ、内面から発するオーラのようなものを感じさせてくれる。
「五十にして天命を知る」ではないが、本作を観ると、まだまだ人生、一花も二花も咲かせたくなります。
KUBO

KUBOの感想・評価

3.5
6月3本目の試写会は「ボンジュール、アン(原題:Paris Can Wait)」。フランシス・コッポラ夫人であるエレノア・コッポラの初長編劇場映画だ。

上映前の舞台挨拶でもエレノア監督が言っていたが、この作品はフランシス・コッポラ監督夫人であるエレノアさんご自身の体験を盛り込んだフィクション。ダイアン・レイン演じる主人公の「アン」はエレノアさんご本人の分身なのだ。

有名映画プロデューサーの妻「アン」が、ひょんなことから、夫の仕事仲間のフランス人男性ジャックと、車でパリまで旅することになった2泊3日を描くロードムービー。

まず目に飛び込んでくるのは、美味しそうな「食」の数々。美しいフランス料理を、写真が趣味のアンは、あたかもインスタグラムのように切り取って行く。色鮮やかで、画角に捉われず、意識してフレームアウトさせたような「絵」が本当に素敵だ。

また、2人で旅するフランスの景色に、セザンヌの「セント・ヴィクトワール山」を重ねたり、ふたりのピクニックがマネの「草上の昼食」のモチーフになっていたり、アートに絡めた演出もとってもオシャレ。

御歳80歳のエレノア・コッポラ初の長編劇場作品は、意外にも、全く年齢を感じさせない、若い感性に満ち溢れたカラフルな作品だった。舞台挨拶でダイアン・レインさんが言っていたように、本当に「フランスに行きたくなる」作品。最近はイギリス共々テロの話ばかりのフランスだが、ここには本来のフランスらしいフランスの魅力がいっぱい。舞台挨拶でも変わらぬ美しさを披露してくれた、ダイアン・レインの魅力もいっぱいの作品です。
yu

yuの感想・評価

3.6
ジャパンプレミアで鑑賞。

美味い料理とワインが飲みたくなる🍷
イタリア人かと思ったらフランス人も時間と女性に緩いのね。
美味しそうな料理とまばゆい太陽と町堪能しました。
ダイアン・レインはアップでも美しくテンポの違う二人のロードムービーは女性向け。
エレノワ・コッポラの自伝も含まれているらしいが、どこまでかなあ…と想像するのが楽しい。
面白かった。
フランス人ってすげーなってのと、
もう一回見直して、再確認したい。
みないけど。
|<